ドラマ

「彼女はキレイだった」うちのたまご値段やメニュー直売所についても!

ドラマ「彼女はキレイだった」で九州の特別な卵として紹介された「うちのたまご」は実際にあるお店のものです!

「うちのたまご」とはどのような卵なのでしょうか?

値段やメニュー、販売店も気になります。

そこで今回は『「彼女はキレイだった」うちのたまご値段やメニュー直売所についても!』と題してお送りします。

 

彼女はキレイだったで紹介された「うちのたまご」とは?

「うちのたまご」とは福岡県飯塚市にある内野養鶏場で 卵殻・卵黄を5つ星級までグレードアップした褐色卵です。

直売所では新鮮な卵を使った料理が楽しめます。

 

うちのたまご値段やメニューは?

うちのたまごのお値段やメニューですが場所により変わるそうです。

羽田空港内にあるうちのたまご直売所でのメニューと値段を紹介します。

羽田空港直売所メニューと値段

・たまごかけかけごはん(590円)

・たまご丼(610円)

・親子丼(810円)

・あおさの味噌汁(110円)

羽田空港ということもあり値段が少し高く設定されているようです。

ちなみに福岡駅にあるうちのたまご直売所では、

博多駅直売所メニューと値段

うちのたまごの朝ご飯(400円)

たまごかけご飯(530円)

親子丼単品(700円)

親子丼お味噌汁つき(800円)

たまご丼(540円)

うちのたまごケーキセット(500円)

運送費などかからない分福岡で食べた方が安いようです。

 

うちのたまごプリンの値段や種類は?

「彼女はキレイだった」ではお土産として卵とプリンを購入したようです。

うちのたまごのプリンを調べてみるとなめらかなプリンとしっかりした固さのプリンがあるようです。

それぞれの好みに合わせていて嬉しいですね!

関連記事

-ドラマ

© 2021 「いろどり」 Powered by AFFINGER5