未分類

台風14号2022Windyと気象庁の予測が違う?進路予想が違う理由は?

大型で猛烈な台風14号が近づいてきています。

史上最強クラスに匹敵する恐れがある台風14号ナマンドルですので、しっかりと備えをして安全を確保しておきましょう。

この台風14号ですが、進路予測も困難で専門家でも分からないとのコメントもあるようです。

実際に、Windyと気象庁の進路予想が異なっていますので、最新情報は逐一注意しておきましょう。

今回は「台風14号2022Windyと気象庁の予測が違う?進路が分からないのはなぜ?」と題してお送りします。

 

台風14号2022Windyの進路予想は?

チェコの企業Windyの進路予想になります。

情報は随時更新されているのですが、見るたびにどんどん大きくなっています。

当初は九州に停滞した後、消滅と予測されていました。

最新の情報では、19日、20日に九州に接近、上陸する見込みで、その後東に進路を変えると予測されています。

 

台風14号2022気象庁の進路予想は?

気象庁の見通しでは、

・18日から19日にかけて九州に接近し上陸

・20日以降は東に進路を変える

19日以降は東寄りに進路を変え、日本列島を縦断するおそれがあります。

 

台風14号各媒体で進路予想が違うのはなぜ?

&

nbsp;

今回の台風は媒体によって進路予想が異なります。

進路予想が各媒体で違うのはなぜでしょうか?

自然が相手ですので進路が正確には分からないということもあると思いますが、今回の台風は特に予測が難しいようです。

最新の情報を細目に確認しましょう。

関連記事

-未分類

© 2022 「いろどり」 Powered by AFFINGER5