生活

台風16号2021の進路や風速は?名前や気象庁米軍の予報についても!

2021年9月24日

2021年に入って16個目の台風が発生しています。

台風16号は、日本から遠く離れたところにあるようですが、今後の進路や風速が気になりますよね。

日本にはどのくらいの影響があるのでしょうか?

被害を最小限に抑えるためにも、事前に台風対策をしっかりとしておきたいところです。

そこで今回は、台風16号2021の進路や風速について調べていきたいと思います。

 

台風16号2021が発生!

9月23日午後9時に、熱帯低気圧が台風16号に変わりました。

マリアナ諸島で発生した台風16号は、日本からはまだ離れたところにありますが、今後の進路予想に注意が必要です。

台風16号2021の名前は?

台風16号の名前はミンドゥルで、この名前は、台風委員会があらかじめ用意していた140の名前の中の一つです。

ミンドゥルは、北朝鮮が用意した名前で、朝鮮語ではタンポポという意味があります。

日本人には馴染みのない言葉ですね。

 

台風16号2021の進路予想は?

まだ発生したばかりの台風16号は、進路予想にもバラつきがあるようですが、日本にも影響を与える可能性があるようですよ。

台風16号2021気象庁の予報は?

気象庁の予報では、9月25日の9時頃にはフィリピンの東あたりに到達し、29日の9時頃には日本の南に達するとされています。

その後、日本列島を通過するかどうかなどはまだ分かっていません。

台風16号2021米軍の予報は?

米軍の予報では、発達しながら沖縄地方まで接近し、その後は九州へと向かっていくとされています。

台風16号2021ウェザーニュースの予報?

ウェザーニュースの予報では、発達を続けながら北上した台風16号は、小笠原諸島に影響を及ぼすのではないかとされています。

その後の進路は不確実なため、今後の情報に注意するように呼びかけられていました。

 

台風16号2021の風速は?

台風16号が発生した翌日時点での中心付近の最大風速は20メートルで、最大瞬間風速は30メートルと発表されています。

今後は非常に強い台風になると見込まれているので、暴風にも注意が必要となりそうですね。

 

台風16号2021の進路についてまとめ!

いかがでしたか?

今回は、台風16号2021の進路や風速について調べてまとめてきました。

その結果

・2021年9月23日に台風16号が発生した

・台風16号の名前はミンドゥル

・日本からは離れているが、今後日本に影響を及ぼす可能性もある

ということが分かりました。

進路予報はまだ確実ではないので、今後も最新の情報に注意が必要ですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連記事

-生活

© 2021 「いろどり」 Powered by AFFINGER5