生活

台風10号2021名前や進路予想は?気象庁や米軍の予報についても!

2021年8月5日

2021年の台風10号となる台風が発生する可能性が高くなっています。

8月4日に発生した台風9号とほぼ同時期に日本に近づく恐れがあり、今後の進路予想に注意が必要なようです。

そんな台風10号ですが、まだ熱帯低気圧のため、台風としての名前は発表されていません。

台風10号となった場合の名前は一体どのような名前なのでしょうか?

そこで今回は、台風10号2021の名前や進路予想について調べていきたいと思います。

 

台風10号2021が発生!

2021年8月5日現在、沖縄県那覇市の西南西の海上にある熱帯低気圧が、台風10号に発達する見込みが高いようです。

8月4日に台風9号が発生したばかりで、8月に入ってからは2つ目の台風になりそうですね。

8月は、1年の中でも一番台風の発生が多いのだそうですよ。

また8月6日には3つ目の台風11号が発生しトリプル台風となりました。

 

台風10号2021の名前や意味は?

このまま台風10号が発生すると、名前は「ミリネ」になります。

日本人にとっては聞き慣れないミリネとは、韓国の言葉で「天の川」という意味があるのだとか。

因みに台風11号は「ニーダ」という女性の名前になるそうですよ。

台風10号の進路予想は?

台風10号は、北東へと進んでいき、本州へ上陸する可能性もあるようです。

まだ進路が不確実ですが、太平洋側を中心に大雨への注意が必要です。

 

台風10号2021気象庁の予報は?

気象庁の予報では、暴風域を伴うほどに発達することは予想されていません。

予報円が大きいため、進路の不確実性が高く、今後の情報に注意しておく必要があります。

台風10号2021米軍の予報は?

米軍の予報では、「8月8日の夜頃、房総半島に接近する」と具体的な日時まで発表しています。

 

台風10号オリンピックへの影響は?

米軍の予報が当たるとすると、8月8日の夜は、東京オリンピックの閉会式が行われるので、閉会式に大きな影響があるかもしれません。

また、8月8日には

・マラソン(北海道)

・バレーボール

・水球

・自転車競技

・ハンドボール

・バスケットボール

・新体操

・ボクシング

などの競技が予定されているため、特に屋外の競技に関しては影響が出るかもしれません。

場合によっては日程の変更もあるかもしれませんね。

 

台風10号についてまとめ!

いかがでしたか?

今回は、台風10号2021の名前や進路予想について調べてまとめてきました。

その結果

・台風10号2021の名前は「ミリネ」

・進路が不確実だが、8月8日頃関東に最接近しそう

・暴風域は伴わないと言われている

ということが分かりました。

台風9号との同時期の発生のため、普段以上に今後の予報に気を付ける必要があります。

新しい情報が入り次第追記します。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連記事

-生活

© 2021 「いろどり」 Powered by AFFINGER5