映画

トイストーリー4はひどい?今までの作品が台無し?評価が低い理由は?

ピクサーの人気映画シリーズ「トイ・ストーリー」!

1996年にトイ・ストーリーの第1弾が放送されました。

2019年にトイストーリー4が公開され、子どもも大人もみんなで楽しめるシリーズとして長い間愛されています。

ところがトイストーリー4については気になる口コミが。

ひどい・台無しなど、評価が低いようです。

ということで、今回はトイストーリー4の評判を調べてみます。

あまり良くない口コミ「ひどい・台無し」についてどんな理由なのか紹介します!

 

トイストーリー4がひどい?

「トイストーリー4」と検索すると「最悪」「ひどい」と散々な言われようなんです。

ストーリー3が好きな人ほど見ない方がいい、とのことです。

3では感動のハッピーエンドだっただけに、4の内容に納得していない人が急増!

4はどんな内容なのか気になりますね。

トイストーリー4はストーリーがひどい?

トイストーリー4  あらすじ

ウッディたちの新しい持ち主となったのは女の子ボニー。

幼稚園の工作でフォーキーを作り、家に持ち帰った。

フォーキーはボニーの今一番のお気に入りになり、ウッディも快くみんなにフォーキーを紹介。

しかし、フォーキーは自分がフォークやモールでできていることから自分を「ゴミである」と認識。

ゴミ箱に捨てられようとボニーの前からいなくなってしまう。

慌てたウッディはフォーキーを連れ戻しにいくことに。

帰り道に通りがかったアンティークショップでかつての仲間であるボーのランプを発見し・・

おもちゃの持ち主が変わって、バズやウッディたちにも難しい選択があるようです。

トイストーリー4は暗くてひどい?

シリーズ当初は少年アンディがおもちゃを大切にするストーリでした。

3からは持ち主がボニーという女の子に。

そして徐々に、ボニーがウッディと遊んでくれない設定になっているんです。

ボニーのお父さんも、ウッディを踏んでしまったりちょっと悲しいですね。

こういう日常的な出来事がラストにつながるので、これまでのファンは暗い気持ちになってしまったようです。

 

トイストーリー4は今までの作品が台無しとの声も!

特に多かったのは「3が完璧すぎた」というものです。

3がよかっただけに今作に賛否があるようなんです。

これまではウッディやアンディーが力を合わせて事件を乗り越えるところが見どころでした。

何があっても、諦めない気持ちや仲間を想い会うところにほっこりした方も多いでしょう。

持ち主の少年も、おもちゃたちのことが大好きでしたよね。

今作では、今までの作品の真逆な内容になっているので残念に思ってしまうようです。

 

トイストーリー4の評価が低い理由は?

登場人物にもストーリー展開にも今回は賛否あるようです。

どのような口コミがあるか紹介します。

評価が低い理由①ボニーがウッディを大事にしない

おもちゃの持ち主ボニーがウッディを大事にしない

3でアンディーから、おもちゃを大事にするからと譲り受けたボニー。

それなのに全然、大事にしてなくてイラッとするという声が多いです。

評価が低い理由②ボーピープのキャラが変わりすぎている

ボーピープのキャラが変わりすぎている!

1作目からウッディの恋人役として登場しているボーピープ。

綺麗なドレスを着たお嬢様キャラだったのに、今作では全くイメチェンしています。

キャラが崩壊しているという声が多かったです。

評価が低い理由③バズが頼りない

バズが頼りないというのも評価を下げた理由のようです。

これまで有能なリーダーだったのに今回は存在感ないと辛口コメントが。

バスのファンも多いようですが、今回は頼りなく活躍が少なかったため酷評されているようです。

 

トイストーリー4の評価はひどい?についてまとめ!

さて、今回はトイストーリー4の評判を紹介しました。

賛否ありますが、おもちゃたちが大事にされず悲しい気持ちになった人も。

ラストは、それぞれの決断をします。

その決断にひどい!これまでが台無し!という声もありました。

前作までの内容が良かっただけに、批判的な評判が多いようです。

みなさんなら、どう感じるかぜひ1作品目から見返してみてください。

 

関連記事

-映画

© 2022 「いろどり」 Powered by AFFINGER5