ゲーム

ザサンドボックス(the sandbox)始め方は?ユーザー数や特徴も知りたい!

ザサンドボックス(The sandbox)は、メタバースを自由に移動して遊べるブロックチェーンゲームです。

メタバースへの関心が高まり、世界中から注目を浴びています!

全世界で4,000万ダウンロードを突破しました。

関心があるけど始め方が難しい?ユーザー数はどのくらい?

これからザサンドボックスを始める方お役立ち情報を調査。

ゲームの始め方や特徴、ユーザー数など紹介します。

ぜひチェックしてみてください!

 

ザサンドボックス(the sandbox)とは?

ザサンドボックスは、サンドボックスゲームに該当します。

サンドボックスゲームとは?

プレーヤーがオープンワールドを移動し、自分で目的を設定して遊ぶゲームのことです。

攻略順序が存在せず、自由度が高いのが特徴です。

メタバース内の土地であるLAND(ランド)を購入し、建物やゲームを自作します。

LANDやキャラクター、アイテムはNFT化されているため、「Play to Earn(遊んで稼ぐこと)」が可能です。

ザサンドボックス(the sandbox)のユーザー数は?

ザサンドボックスは登録ユーザー数が200万人を突破しました。

2022年3月3日からはアルファ版サービス「Alpha Season 2」が公開されています。

 

ザサンドボックス(the sandbox)の特徴は?

ザサンドボックスの特徴を3つ紹介します!

・ゲームやアートを制作し販売するプラットフォーム

ゲームやアートを制作し販売できるNFTゲームのプラットフォームです。

ゲームメーカー・ボックスエディット・アバターなどのコンテンツがあります。

・メタバース上の土地「LAND」を提供

166,464区画が用意されており、1区画(1LAND)は96m×96m、高さ128mです。

ゲームを作ってLANDを訪れた人に楽しんでもらったり、イベントを開催することも可能

・独自通貨の「SAND」を発行

SANDを保有することで、ガバナンストークン・ステーキング・NFTの調達ができます。

 

ザサンドボックス(the sandbox)の始め方やり方は?

それではザサンドボックスの始め方を紹介します。

手順が多いですが、ひとつひとつ手順に従っておこないましょう!

①仮想通貨取引所で口座開設する

仮想通貨を準備する必要があるので、まずは国内の仮想通貨取引所で口座を開設します。

どの取引所でもOKですがビットフライヤーがおすすめ。

スマホアプリが使いやすく、リップルの送金手数料が無料です。

②仮想通貨取引所でイーサムリアを購入

口座開設をしたら、仮想通貨取引所でイーサムリアを購入しましょう。

イーサリアム上で使われる通貨はEther(イーサ)といいます。

ビットコインよりも複雑な取引や契約ができます。

③メタマスクに登録

NFTゲームで遊ぶには、仮想通貨を管理する財布(ウォレット)が必要になります

仮想通貨ウォレットで最も有名なメタマスクをインストールしましょう。

➃メタマスクに入金

続いてメタマスクに通貨を送金しましょう。

仮想通貨を送金するには、宛先のアドレスが必要です。

⑤ザサンドボックス(the sandbox)のアカウントを作る

ウォレットと仮想通貨の用意が完了したら、いよいよユーザー登録をします。

ザサンドボックスの公式サイトで右上の「サインイン」をクリック→「アカウント作成」に進んでください。

アカウント作成後、サインインしたら、プレーをスタートできます。

 

ザサンドボックス(the sandbox)の遊び方は?

それではザサンドボックスの遊び方をチェックしましょう!

キャラクターやアイテムも充実しているので、ゲームとしても楽しむことができるのが特徴です。

ボックスエディット

ザサンドボックスにはVoxEdit(ボックスエディット)と呼ばれるクリエイター向けの機能があります。

ボックスエディットを使用してキャラクターやアイテムなどのASSETの作成が可能。

ASSETはゲーム内のマーケットプレイスで自由に取引でき、作成し販売することで収益化につなげられます。

特別なスキルは必要ないので初心者でも簡単に作れるのが特徴。

ゲームメーカー

保有するLAND上にオリジナルの3Dゲームを作成できます。

プログラミングの知識はなくてOK。

ゲームメーカーで簡単にオリジナルゲームを公開できるのが特徴。

またゲームの公開を無料にするか、有料にするかはプレイヤーに委ねられています。

有料で公開した場合には、ゲームを遊んだほかのプレイヤーから利用料としてSANDを徴収可能です。

マーケットプレス

キャラクターやアイテムなどのASSETは、一般的にゲーム内のマーケットプレイスで取引します。

相場よりも高額で取引されるケースもあるので、購入する際には適正価格か確認を。

 

ザサンドボックス(the sandbox)で稼ぐ方法は?

ザサンドボックスはゲームとして楽しむだけでなく、お金を稼ぐことも楽しみのひとつです。

お金を稼ぐ方法は次の3つです。

ザサンドボックスでお金を稼ぎ方

①LANDを貸し出すことで不動産収入を得る

ゲーム内やNFTマーケットプレイスでLANDを購入することもできます。

その金額は日本円でおよそ14~21万円とかなりの額となっています。

②LAND内で利用できるNFT(キャラクターやアイテム)をNFTマーケットプレイスで販売する

無料ツールを利用して作成したキャラクターやアイテムは、ブロックチェーン技術として価値があります。

自身で作成したNFTは、ゲーム内やマーケットプレイスに出品して、収入を得ることも可能です。

③LAND内でプレイできるゲームやジオラマを有料で提供する

自作のゲームやジオラマを作成して、メタバース内で有料にて提供することができます。

良いゲームやジオラマを1つ作成するだけで継続して収入を得ることが可能に

 

ザサンドボックス(the sandbox)の始め方や特徴についてまとめ!

さて、今回はザサンドボックスの始め方やユーザー数など紹介しました。

LANDを購入してオリジナルゲームを作成したり、行動を楽しむことができます。

収益化できる仕組みもあ理、自分で作ったゲームで稼ぐことも可能!

キャラクターやゲームでザサンドボックスをぜひ楽しんでください。

 

 

関連記事

-ゲーム

© 2022 「いろどり」 Powered by AFFINGER5