オリンピック

須崎優衣の中学高校大学は?父親や家族についても!

2021年7月5日東京オリンピック選手団の男女旗手が、須崎優衣選手と八村塁選手に決定しました。

須崎優衣選手といえば、小学生の時代からレスリングで優秀な成績を修めてきた注目の選手。

そんな須崎優衣選手の中学、高校、大学はどこだったのでしょう?

家族構成は? 父親は?

今記事は、『須崎優衣の中学高校大学は?父親や家族についても!』お伝えしていきます。

 

須崎優衣のwikiプロフィールは?

https://twitter.com/yui0630susaki/status/1381598003593687040?s=20

須崎優衣選手のプロフィールは、以下の通りになります。

プロフィール

名前:須崎優衣(すさきゆい)

誕生日:1999年6月30日

年齢:21歳(2021年7月現在)

出身:千葉県松戸市

身長:153センチ

得意科目:英語

好きな言葉:己に勝て、自分を信じろ、優衣ならできる

好きな言葉は、スポーツマンらしい「自分自身との戦い」を前向きに捉えている良い言葉ですね。

 

須崎優衣の経歴は?

須崎優衣選手の経歴・戦歴を簡潔に説明いたします。

須崎優衣選手は小学1年生の時に、父親がコーチを務めていた松戸ジュニアレスリングクラブに入部しました。

その後、小学3、5、6年には全国少年少女選手権で優勝を飾ります。

経歴

2008年:全国少年少女選手権24キロ級優勝

2009年:全国少年少女選手権26キロ級2位

2010年:全国少年少女選手権28キロ級優勝

2011年:全国少年少女選手権30キロ級優勝

そして、中学時代。

須崎優衣選手は中学2年の時に、全寮制の「JOCエリートアカデミー(オリンピック委員会によるレスリングエリート教育)」に参加しました。

中学時代には「全国中学選手権」、「全国中学選抜選手権」で3度優勝し、6冠を成し遂げます。

須崎優衣選手は中学時代国内外全ての試合で勝利し、東京オリンピックの強化選手のターゲットとして中学生で唯一選ばれました。

中学時代から、東京オリンピックでの活躍を期待されていたんですね。

経歴

中学時代:「全国中学選手権」、「全国中学選抜選手権」で6冠

これまで順調にレスリングの道を歩んできましたが、高校時代には苦い経験もすることになります。

それがシニアの日本一を決める全日本選手権の決勝での出来事。

決勝で、須崎優衣選手は入江ゆき選手にテクニカルフォール負けし、これまで83の連勝記録を止めてしまうことになります。

きっととても悔しい思いをされたと思いますが、その後2年生の時に「全日本選抜レスリング選手権大会」に決勝にて、入江ゆき選手を破り優勝することで雪辱を果たすことになりました。

その後さらに快進撃を続け、世界選手権で優勝し18歳で世界チャンピオンを達成。

経歴

2017年(高校時代):レスリング世界選手権優勝

大学入学後の戦績は以下の通りです。

経歴

2018年:全日本選手権3位

2018年:クリッパン国際大会、ジュニアクイーンズカップ(ジュニアの部)、全日本選手選抜選手権、世界ジュニア、世界選手権 優勝

2019年:ジュニアクイーンズカップ(ジュニアの部)、全日本選手選抜選手権、世界ジュニア、ワールドカップ、世界選手権 優勝

2018年12月には左ひじの脱臼、靱帯断裂により全日本選手権を断念することもありました。

復帰戦になったジュニアクイーンズカップ(ジュニアの部)では決勝で至学館大学、吉元玲美奈選手に辛くも勝利し優勝します。

その試合について、須崎優衣選手は「レスリングをやってきてはじめてプレッシャーを感じて苦しんだ」と語っていました。

周囲の期待や自分の理想に実力が追いついていないと感じて苦しんだそうです。

2021年の4月には、アジア予選で1位になることにより東京オリンピック代表に内定しました。

 

須崎優衣の出身中学は?

須崎優衣選手の出身中学校は千葉県松戸市立六実中学校および、北区立稲付中学校です。

先ほども触れましたが全寮制の「JOCエリートアカデミー」に参加するために、松戸市立六実中学校から北区立稲付中学校に転入しました。

 

須崎優衣の出身高校は?

須崎優衣選手の出身高校は、東京都北区にある安部学院高等学校です。

レスリング部は、2013年のインターハイで部員19人中11人が上位に入るという快挙を成し遂げています。

須崎優衣選手意外にも、宮原優選手や向田真優選手がこの学校を卒業していました。

 

須崎優衣の出身大学は?

須崎優衣選手の出身大学は早稲田大学スポーツ科学部です。

2003年に設置され、数々のスポーツ選手を輩出しています。

 

須崎優衣の卒業小学校はどこ?

須崎優衣選手の卒業した小学校は千葉県松戸市立六実第三小学校

通称「六三(むつさん)」と呼ばれるそうで、生徒は全校生徒合わせて400人程のようです。

 

須崎優衣の卒業幼稚園は?

須崎優衣選手の卒業幼稚園の情報は、今のところありません。

 

須崎優衣の父親はどのような人?

須崎優衣選手の父親は、須藤康弘さんという方で「株式会社デンタルネット」を経営しています。

「株式会社デンタルネット」は訪問歯科のコンサルティングを主に行っており、信頼性が高く評価が高い会社です。

従業員は100名ほど。

年収は推定ですが、1000~1500万円程ではないかと思われます。

須崎優衣選手は、社長令嬢ということですね。

須藤康弘さんもレスリング経験者で、早稲田大学レスリング部OB。

レスリングのコーチや、日本マスターズレスリング連盟の役員経験もありました。

 

須崎優衣の家族構成は?

須崎優衣選手の家族構成は、前述の社長業を営まれる父須藤康弘さん。そして、その奥さんである母親

さらに、4歳年上の姉である須崎麻衣さんの4人家族です。

須崎麻衣さんは、レスリングで2015年東日本学生女子選手権48キロ級で優勝や国際大会で3位入賞するなどの実績を残しています。

須崎麻衣さんは現在は、レスリングから離れているみたいです。

 

須崎優衣についてまとめ!

ここまで、『須崎優衣の中学高校大学は?父親や家族についても!』お伝えしてしてきました。

まとめると、須崎優衣選手の出身中学校は千葉県松戸市立六実中学校および、北区立稲付中学校

安部学院高等学校、早稲田大学スポーツ科学部となります。

父親は、社長業を営まれる須藤康弘さん

姉はレスリング経験がある須崎麻衣さんです。

須崎優衣選手のオリンピックでの活躍に期待しましょう。

関連記事

-オリンピック

© 2021 「いろどり」 Powered by AFFINGER5