人物

ランジャタイ名前の由来や意味は?人気のネタについても!

ランジャタイというお笑い芸人コンビを知っていますか?

「有田ジェネレーション」や「にちようチャップリン」などのネタ番組や、「アメトーーク」などに出演し、今話題となっている芸人です。

ところで、コンビ名の「ランジャタイ」とは一体どういう意味なのでしょうか?

聞きなれない言葉ですし、その名前の由来が気になりますよね。

そこで今回は、「ランジャタイ」の名前の由来やその意味について、調べていきたいと思います。

 

ランジャタイとは?

https://twitter.com/grapecom/status/1369969562095996934

吉本興業の養成所で、NSC12期生の同期として二人は出会いました。

当時、同期の芸人に「お前、面白いのか?」と声を掛けて回ったり、「ここは仲良しクラブじゃねぇんだぞ」と暴れだしたことから伊藤さんはNSCをクビになってしまったそうです。

しかし、「お前、面白いのか?」と聞かれて「面白いよ」と国崎さんが答えたことから、2007年に二人はコンビを組むことになり、国崎さんも一緒にNSCを辞めて、現在ではグレープカンパニーに所属しています。

ランジャタイ伊藤のプロフィール

【プロフィール】

名前:伊藤 幸司(いとう こうじ)

生年月日:1985年11月18日

出身地:鳥取県岩美郡

特技:水泳

黒色の衣装と、髪型が特徴的で、ツッコミを担当しています。

ネズミと喋ることもできるそうですよ。

喋っている所を見てみたいですね。

ランジャタイ国崎のプロフィール

名前:国崎 和也(くにざき かずや)

生年月日:1987年9月3日

出身地:富山県氷見市

特技:バスケットボール

黄色の衣装が特徴的で、ボケを担当しています。

ネタ作りは全て国崎さんがしているそうですよ。

 

ランジャタイの名前の由来は?

「ランジャタイ」というコンビ名ですが、聞きなれない言葉ですよね。

調べてみると、ランジャタイは漢字で「蘭奢待」と書き、天下を取った人物だけが切り取ることのできる香木のことだそうです。

そして、お笑いで天下を取りたいという願いから、伊藤さんがコンビ名にしたというのが由来だそうですよ。

 

ランジャタイの人気ネタは?

ランジャタイは、独特な世界観の漫才で人気になっています。

自由にボケている国崎さんと、それに対して淡々とツッコミを入れる伊藤さんという、二人のその漫才は、「中毒性がある」とも言われていますよ。

ランジャタイはつまらない?

「中毒性がある」と言われているように、ハマる人にはハマりますが、つまらないと思う人も多いようです。

特に「意味が分からない」という感想の人が多いようですが、ファンからは、「最初は意味が分からなかったが、今では面白さが分かる」という反響が多いので、いくつかのネタを見ているうちに、ハマっていくようですよ。

 

ランジャタイについてまとめ!

いかがでしたか?

今回は、「ランジャタイ」の名前の由来やその意味について調べてまとめてきました。

調べてみると

ランジャタイとは「蘭奢待」という、天下を取った人物だけが切り取ることのできる香木のこと

お笑いで天下を取りたいという願いから、伊藤さんがコンビ名にした

ということが分かりました。

聞き慣れないコンビ名ですが、一度聞いたら覚えられる名前ですよね。

2020年頃からテレビへの出演も増え、まさに人気急上昇中のランジャタイ。

今後の活躍にも注目したいですね!

-人物

© 2021 「いろどり」 Powered by AFFINGER5