生活

梅雨の洗濯物一人暮らしはどうすれば良い?オススメ方法を紹介!

梅雨が到来しました。

毎日の雨が続くと、少し気持ちも憂鬱になります。

梅雨の時期何が一番困るというと、洗濯物が乾かないという事。

「明日着ていきたかった洗濯物が乾いていない」という事もあります。

特に、一人暮らしだと大変な思いをすることがありますよね。

それで今回は「梅雨の洗濯物一人暮らしはどうすれば良い?オススメ方法を紹介!」します。

 

梅雨の洗濯物一人暮らしは大変!

梅雨

ずっと家に居られる休日なら晴れ間を見て外干し出来るかもしれませんが、外出すると突然の雨に悩まされることがしばしばです。

その上雨に降られて、着ていった服も濡れてますます洗濯物が増える羽目に。

一人暮らしだと尚更大変。

しかも、室内干ししてもせっかくの洗濯物が、湿気のせいで匂いが気になることってありますよね。

 

梅雨の洗濯物一人暮らしは室内干しがおすすめ!

一人暮らしの方の梅雨の時期の洗濯物を乾かすには、室内干しがおすすめです。

晴れ間を待っていても、洗濯物は溜まっていきますし、せっかくの外干ししても急な天気の変化で洗濯物が台無しになることもあるからです。

後述の点を気を付ければ室内干しでも、洗濯物を上手に片づける事が出来ます。

まず出来たら湿気があまり高くない時に、部屋のこまめな換気をしましょう。

それと梅雨の時期は面倒だと思いますが、洗濯物が溜まる前にこまめに洗濯してしまいましょう。

これは、部屋の中に干す洗濯物と洗濯物のスペースを空けるためです。

少しの量の洗濯物を、出来るだけ早めに乾かしてしまいます。

この早めの乾燥こそが、最大の匂い対策

それでも、毎日洗濯するというのはやはり大変です。

もし難しい場合でも、せめて洗濯機に洗濯物をそのまま放り込んでおくのはやめましょう。

悪臭の原因になります。

洗濯物を入れるのはランドリーボックス、それも通気性の良いものを使用することで湿気を逃がすことが出来ます。

部屋干し用洗剤を使用するのも、確かに効果があります。

部屋干し用洗剤は従来のものより除菌力が高く、匂いを防ぐための香りが強めにプラスされています。

しかし、長時間乾かない状態が続けばやはり匂いが発生するので、部屋干し用洗剤に絶対の信頼を寄せるのもNG。

匂いを消そうとして、洗剤の量を多めに使用するのは絶対にダメです。

洗剤の説明にある通りに適量を入れなければ、逆効果になってしまいます。

いずれにせよ、早めに乾かすことが梅雨の室内干しの攻略法です。

 

梅雨の室内干しは除湿機や浴室乾燥機が無い場合のおすすめは?

除湿機や浴室乾燥機が無い場合でも、乾かす場所は浴室が最適です。

浴室はお風呂がある関係で、家の中で一番換気がしやすい構造になっているからです。

洗濯が終わったら出来るだけ素早く、少量を浴室に干し換気扇を回しましょう。

その際当然のことですが、浴槽に水を張った状態にしていない必要があります。

お風呂に入ってお湯を捨てた後のタイミングが望ましいでしょう。

https://twitter.com/sand___bank/status/1392075826485633027?s=20

サーキュレーターや扇風機の使用も効果的です。

https://twitter.com/akahiyokuma/status/1394366382200954880?s=20

扇風機を使う場合ですが、並んだ洗濯物の間に風が流れるように設置すると早く乾かすことが出来ます。

他にも、換気扇やエアコンの除湿機能を使ったりして換気します。

薄手ものものであれば、アイロンを使って熱で乾かしてしまうという方法もあります。

https://twitter.com/hoshikaze_radio/status/1394768925926182913?s=20

湿気対策で面白いと思ったのは、乾燥材や新聞紙を活用する方法
干した洗濯物の下に敷くと、湿気を吸ってくれるので早く乾燥するとか。

それでも、洗濯物が溜まってしまってどうしても駄目だという方。

最強はコインランドリーです。

コインランドリーなら、洗濯と乾燥が1時間〜1時間半程度で完了します。

当たり前ですが、高温で乾燥してくれるので匂いもありません。

 

梅雨の洗濯物一人暮らしについてのまとめ!

室内干し

梅雨の洗濯物一人暮らしは、室内干しがオススメという事をお伝えしてきました。

梅雨の間は晴れ間を待たないで、こまめな洗濯をしつつ浴室で乾かしてしまいましょう

それでも、どうしても翌朝使わなければいけない洗濯物がある場合や、大量に溜まってしまった洗濯物はコインランドリーがオススメです。

じめじめした季節が過ぎたら、カラッと晴れた青空がまたやってきます。

上手に梅雨を乗り切っていけたらいいですよね。

関連記事

-生活

© 2021 「いろどり」 Powered by AFFINGER5