カタールワールドカップ

カタールワールドカップVARは?半自動オフサイドシステムも導入?

カタールワールドカップの開催まであと少しとなりました。

サッカーというのは人間が審判をするので度々重大な判定ミスがあります。

過去には「神の手」や「ゴールライン判定」をなどをめぐって騒動になったことも!

前回のロシアワールドカップからVARを導入していて、重大な判定の誤りが無いようにテクノロジー導入されています。

今回のカタールワールドカップでは半自動オフサイドシステムという新たなテクノロジーも導入されているようですよ!

そこで今回は「カタールワールドカップVARは?半自動オフサイドシステムも導入?」

 

カタールワールドカップVARはどうなる?

カタールワールドカップでもVARは採用されます。

W杯でのVAR導入に向けて、欧州予選を含めた各予選や各国リーグでもVARを採用していました。

今回のW杯では特にVARでの判定がキーとなるように感じます。

 

カタールワールドカップで採用されるVARとは?

カタールワールドカップでのVAR

そもそもVARとはどのような仕組みなのでしょうか?

VARとは(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の略です。

フィールドにいる主審や副審の他にビデオオペレーションルーム内で試合映像をチェックしてながらサポートする審判員のことをさします。

VARが使われる時

・得点かどうか

・PKかどうか

・退場かどうか

・警告退場の人違い

この4つにプラスして審判が確認出来なかった重大な事象にVARは使われます。(プレーと関係ない場面での暴力、ペナルティエリア内のハンドなど)

VARの哲学に関しましては日本サッカー協会がこのように説明しています。

VARは、最良の判定を見つけようとするものではなく、「はっきりとした明白な間違い」をなくすためのシステムです。

JFA公式サイト

 

カタールワールドカップ半自動オフサイドテクノロジーとは?

半自動オフサイドテクノロジーですが、オフサイドの判定に使用されるテクノロジーです。

選手がオフサイドのポジションでボールを受けた場合に人工知能が作動しビデオオペレーションルームにいる審判員に通知がいきます。

スタジアムの屋根に設置されたカメラやボールに埋め込まれたトラッキングデバイスから正確なデータを収集するそうですよ!

しかし、この半自動オフサイドテクノロジーですがW杯での導入を見据えて採用したヨーロッパのチャンピオンズリーグでは際どすぎて理解出来ないなどの声も上がっているようです。

VARも最初はサッカーの魅力が半減するなどと言われていましたが、今では世界中で採用されていますし半自動オフサイドテクノロジーも慣れれば受け入れられるのではないでしょうか?

 

カタールワールドカップVARや半自動オフサイドテクノロジーについてまとめ!

今回は開催が迫ってきたカタールワールドカップのVARや半自動オフサイドテクノロジーといった最新テクノロジーについて紹介しました。

VARはロシアワールドに引き続き採用されていますが、今回は新しく半自動オフサイドテクノロジーという最新技術も導入されます。

進化した最新テクノロジーについても理解して観戦するとよりW杯を楽しめるかもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

関連記事

-カタールワールドカップ

© 2022 「いろどり」 Powered by AFFINGER5