オリンピック

パラリンピック開会式タケコプター衣装の理由は?デザイナーは誰?

8月24日に東京2020パラリンピックの開会式が行われました。

色々と問題の多かったオリンピックとは対照的にパラリンピックの開会式はとても好評でした。

その中でも話題になったのがボランティアの方々のタケコプターに見える衣装です。

でもなぜタケコプターなのでしょうか?また考えたデザイナーは誰なのでしょうか?

今回は「パラリンピック開会式タケコプター衣装の理由は?デザイナーは誰?」と題してお送りします。

 

パラリンピック開会式のタケコプターが話題!

パラリンピックの選手入場で各国選手団を歓迎するボランティアスタッフの方々の頭にタケコプターのようなものがついていると話題です。

手を振ると同時にくるくるとプロペラが回転して可愛い衣装です。

しかしなぜタケコプターなのでしょうか?

 

パラリンピック開会式タケコプター衣装はなぜ?

パラリンピック開会式でタケコプターのような衣装なのは、「翼がある」というコンセプトを表現しているためだと思います。

エアポートからタケコプターなどコンセプトに沿った一貫性のある素晴らしい開会式だと思いました!

 

パラリンピック開会式タケコプターのデザイナーは誰?

現在調査中です。

パラリンピック開会式タケコプターは買える?

オリンピック・パラリンピックの公式商品としての販売は確認出来ません。

しかし反響が大きければ販売する可能性もありそうですね。

今後情報が入り次第追記します。

 

パラリンピック開会式タケコプターに対する世間の声は?

パラリンピック開会式でのタケコプターに対する様々な意見を紹介します。

可愛いや素敵など好意的な意見ばかりでした!

なかには素敵な開会式にオリンピックと比較するコメントもありました。

 

関連記事

-オリンピック

© 2021 「いろどり」 Powered by AFFINGER5