オリンピック

オリンピックグッズ投げ売りはある?売れ残り値下げする?

開催が危ぶまれた東京オリンピックですが、開催されてから多くの日本人アスリートの活躍で大いに盛り上がっています。

それにともなって一時期は人気がかなり低迷していたオリンピックグッズが、ここにきて売り上げが伸びているとか。

それでもまだ大量に残っているだろうオリンピックグッズ。

売れ残りのグッズはどうなるの?

投げ売りはされるの?

今記事では『オリンピックグッズ売れ残った場合投げ売りはある?値下げや人気についても!』お伝えします。

 

オリンピックグッズ売れ残った場合投げ売りはある?

売れ残った場合、投げ売りはあると思われます。

基本的にオリンピックグッズは、ライセンス契約のため割引することができないのですが、すでにオリンピックの公式グッズは投げ売り価格で販売されていました。

例えば上記の参照写真にあるように『コストコ』や『しまむら』、『ドン・キホーテ』『イオン』などで店舗によっては半額で購入できるところもあったとか。

オリンピックが本当に開催されるか不透明な時期から、グッズが売れ残らないように一斉に投げ売り価格での販売を始めたのかも知れません。

 

オリンピックグッズ売れ残った場合はどうなる?

大量に在庫を抱え込んだままでは倒産や、大損害を被る場合がありますからなにか手を打ちたいところ。

企業としては廃棄ではなく、格安であっても販売したいと思うでしょう。

 

オリンピックグッズの値下げはある?

販売店の心理としては「オリンピック開催中に出来るだけ売り切ってしまいたい」というもの。

公式グッズはライセンス契約上大幅な値引きはできないと思われていましたが、『コストコ』『イオン』などで投げ売り販売が始まっていたということから、値下げ販売が許可されたのかもしれません。

 

オリンピックグッズの売れ行きは?

https://twitter.com/misa48114482/status/1421086125112709120?s=20

 

オリンピック開始直前まで、オリンピックの公式グッズのコーナーは閑散としており、かなりの売れ残りが存在していました。

6月時点では、東京五輪組織委員から売り上げに関する話を外部に漏らさないようにと口止めされたところもあるとか。

オリンピックに対してマイナスイメージを付けないようにでしょうか。

しかし、リンピック開始後関心が急激に上昇。開会式限定のTシャツなど売り上げが伸びている商品もあるようです。

商品によっては売り切れ情報もちらほら。

とは言え、海外からの応援客を想定してグッズ数を準備したということを考えると当初の予定よりも売り上げてはいないと考えられます。

 

オリンピックグッズの販売店は?

https://twitter.com/tower_hanbai/status/1419175342942474241?s=20

都内だけで15店舗のオフィシャルショップがあります。

それに加えて、全国の『イオン』『アリオ』『イトーヨーカドー』『ビックカメラ』『ジュンク堂書店』『ファミリーマート』でも販売されています。

ショップは今年の9月まで営業するところもあるとか。

 

オリンピックグッズのオンラインショップは?

オリンピックグッズは、公式オンラインショップでも購入する事ができます

緊急事態宣言下では、実店舗に出向くよりネットでの購入が勧められています。

 

オリンピックグッズの人気は?

日本人メダリストが次々と誕生することにともなって、オリンピックグッズの人気も高まっています

例えば、7月23日の開会式からオフィシャルオンラインショップにアクセスが集中し繋がらない状況が続いていました。

26日の朝もアクセスできない状況が続いていましたが、徐々に改善されているようです。

実店舗も混雑が見られているという情報が。

オリンピックムードがじわじわと広がっており、グッズの打ち上げも伸びているようです。

 

オリンピックグッズはピクトグラムキーホルダーが人気?

SNS上では、売り切れの情報がいくつか上がってきています。

https://twitter.com/s_vs_alien/status/1418729854829088768?s=20

競技ごとのスポーツピクトグラムグッズが人気で、Tシャツやキーホルダーなどがあります。

オフィシャルオンラインショップでは、880円(税抜)でピクトグラムキーホルダーを購入することが可能。

人気商品は売り切れる可能性もあるので早めの購入をオススメします。

 

オリンピックグッズについてまとめ!

ここまで『オリンピックグッズ売れ残った場合投げ売りはある?値下げや人気についても!』お伝えしてきました。

まとめると、おそらく売れ残ったグッズは投げ売り価格になるという予想。

すでに投げ売り価格で販売している店舗もあります。

引き続きアスリート達の活躍を見守りつつ、グッズでオリンピック気分を堪能したいですね。

 

関連記事

-オリンピック

© 2021 「いろどり」 Powered by AFFINGER5