ドラマ

おかえりモネの放送期間はいつからいつまで?回数や最終回についても!

現在放送中のNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」。

最近では数分ながらも、圧倒的な存在感を放った浅野忠信さんの出演シーンが話題になりました。

連続テレビ小説は前作、前々作と共に通常より放送期間が短く放送されたこともあって、今作「おかえりモネ」もいつからいつまでの放送になるのか、気になっておられる方も多いでしょう。

それで、今記事では「おかえりモネの放送期間はいつからいつまで?回数や最終回についても!」お伝えします。

 

おかえりモネの放送期間はいつから?

「おかえりモネ」は、NHKの番組公式ツイッターの名前にもなっていますが、5月17日から放送をスタートしています。

通常の放送が3月末から4月の頭の期間から始まるのに対して、1ヵ月半程遅れてのスタートになりました。

 

おかえりモネの放送時間は?

NHK公式ホームページからの情報によると、以下の通りです。

放送時間

【毎週月曜~土曜】
「総合」AM8:00~8:15
「BSプレミアム・BS4K」AM7:30~7:45
「総合(再放送)」PM0:45~1:00

【毎週月曜~金曜】
「BSプレミアム・BS4K(再放送)」PM11:00~11:15

【毎週土曜】
「BSプレミアム・BS4K(再放送・一挙放送)」AM9:45~11:00

【毎週日曜】
「総合(土曜日の再放送)」AM11:00~11:15

見逃してしまっても、再放送を利用して最新話まで追いつくことができるほか、「NHKオンデマンド」を活用して、過去放送を視聴することもできます。

「NHKオンデマンド」は、月額990円です。

 

おかえりモネの放送期間はいつまで?

NHKの公式には、「全体の放送回数については、現段階において未定」とありました。

正式な情報は今のところないようですが、前々作の「エール」や前作「おちょやん」の放送回数からある程度予測が立てられます。

 

おかえりモネの放送回数は?

おかえりモネの放送回数ですが、最近の連続テレビ小説の放送回数から考えると、全120-115話程度ではないかと見られています。

確実なことは言えませんが、これまでの連続テレビ小説の主流である全130話よりも少ない放送回数である可能性は、かなり高いと言えます。

理由としては、新型コロナウィルスの影響をあげることができます。

新型コロナウィルスの為、連続テレビ小説の放送回数は大幅な変更が求められました。

例えば、「エール」は全120話。「おちょやん」は全115話です。

通常より10~15話ほど短縮された事になります。

NHKの方針としては、今後の作品を短縮しながら本来の連続テレビ小説のペース(前期の放送が4月頃~9月・後期の放送が9月末から3月)に合わせていこうとしているようです。

そうだとすると、これまでの全130話より少ない話数を想定していると考えられるのです。

 

おかえりモネの最終回はいつ頃?

「おかえりモネ」の最終回は、秋頃であると予想されています。

どうしてかというと、日刊スポーツの情報によると次作のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」が、今秋スタートという事でした。

ですから、その頃には前番組である「おかえりモネ」は最終回を迎えているものと思われるからです。

その他にも、仮に「おかえりモネ」が「エール」と同じ全120話だった場合、計算上10月の末までの放送に。

そして、もし「おちょやん」と同じ全115話だったとすると、10月の下旬までの放送になるからです。

登場人物の抱える悩みが少しずつ浮き彫りになってきて動き始めた物語ですが、ファンとしては出来るだけ長い間放送を見守りたいものです。

 

おかえりモネの放送期間についてまとめ!

「おかえりモネの放送期間はいつからいつまで?回数や最終回についても!」を、お伝えしてきましたが、まとめると以下の通りになります。

「おかえりモネ」は、5月17日から既にスタートしています。

放送回数は、通常の130回より短縮されると思われ、秋頃(10月頃)に最終回を迎えるのではないかと予想できます。

本放送を見逃した方もオンラインでの視聴も出来るので、この機会にNHKが銘打っている「希望の物語」をご覧になるのはいかがでしょうか。

関連記事

-ドラマ

© 2021 「いろどり」 Powered by AFFINGER5