生活

新年の挨拶LINE文章はどう書く?上司友達恋人など相手別に紹介!

2021年12月31日

ほとんどの人がLINEを利用している今、年賀状の代わりに新年の挨拶をLINEで行うという人も多いのではないでしょうか?

LINEだと簡単に文章を送ることができますし、スタンプも使えるので手軽ですよね。

ですが、皆に同じ文章を送る訳にはいかず、誰に送るのかによっての注意ポイントがあれば知っておきたいですよね。

そこで今回は、新年の挨拶をLINEで行う時、LINEの文章はどう書けばいいのか、相手別に調べていきたいと思います。

 

新年の挨拶LINE文章はどう書くか難しい!

スマホの入力

いざLINEで新年の挨拶を送ろうと思っても、どんな文章を書けばいいのかと考え込んでしまう人も多いのではないでしょうか?

上司や友達、恋人など、送る相手によって送る文章も違ってきますよね。

 

新年の挨拶LINE文章上司にはどう書く?

会社の上司

上司に対する新年の挨拶には、どのような文章を書けばいいのでしょうか?

失礼にならないように気を付けたいですよね。

新年の挨拶LINE文章上司に書く際の注意ポイントは?

注意ポイントとしては

ポイント

・新年早々の時間帯は避け、昼間に送る

・スタンプを多用しない

・重複表現を使わない(新年あけまして、正月元旦)

・2文字以下の賀詞を使わない(寿、迎春)

・忌み言葉や句読点を使わない(去年)

というのがあります。

手軽に遅れるLINEですが、フランクになり過ぎないように注意しましょう。

新年の挨拶LINE文章上司に送る例文を紹介!

〇〇部長へ

明けましておめでとうございます

旧年中はご指導いただき本当にありがとうございました

本年も変わらぬご指導をお願いいたしますとともにご家族のご健康とご多幸をお祈りい申し上げます

明けましておめでとうございます

新年はいかがお過ごしでしょうか

私は〇〇をして過ごしています

昨年ご指導いただいた経験を活かして今年は昨年以上に仕事に取り組んでいく所存ですので、本年もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします

 

新年の挨拶LINE文章友達にはどう書く?

仲のいい友達

友達に対してだと、あまり気を使わなくても新年の挨拶ができそうですが、注意ポイントもあります。

新年の挨拶LINE文章友達に書く際の注意ポイントは?

注意ポイントとしては

ポイント

・周りの友達との差別化を図ったほうがいい

・コピペだと分かるような文章にしない

・相手の名前を入れる

というのがあります。

友達からは、新年の挨拶LINEがたくさん来る可能性がありますよね。

そのような場合、読み流されないように、普段言えないことを言ったり、相手のためだけに作った文章だという特別感を伝えると様にすると良さそうですよ。

新年の挨拶LINE文章友達に送る例文を紹介!

あけましておめでとう

〇〇(ちゃん、くん)元気にしてた?

私(僕、俺)は~だったよ

昨年は~したのが楽しかったね

また時間見つけて遊びたいね

今年もよろしく

あけましておめでとう

昨年は~だったね

また一緒に~したいよね

今年もよろしくね

 

新年の挨拶LINE文章恋人にはどう書く?

恋人への文

恋人に新年の挨拶を送る時は、送る側にも受け取るに側も特別感がありますよね。

新年の挨拶LINE文章恋人に書く際の注意ポイントは?

注意ポイントとしては

ポイント

・新年早々に送る

・あまり長文にならないようにする

というのがあります。

恋人は、上司や友達とはまた違った特別感があるので、新年早々に最初に相手に届くように送るのもいいでしょう。

しかし、気合を入れすぎて長文になったり、自分のことばかりを文章に書かないように気を付けた方がいいようです。

新年の挨拶LINE文章恋人に送る例文を紹介!

あけましておめでとう

昨年は一緒に~したのが楽しかった

今年は~したいね

〇日に会えるのを楽しみにしてるね

今年も素敵な1年になりますように

あけましておめでとう

今年は一緒に年越しできなくて寂しいけど、来年は一緒に年越しできるといいな

今年も2人でたくさん思い出作ろうね

 

新年の挨拶LINE文章についてまとめ!

今回は、新年の挨拶をLINEで行う時、LINEの文章はどう書けばいいのか、相手別に調べてまとめてきました。

送る相手によって、注意ポイントも違うので、そこを押さえて気持ちよく新年を迎えることができるいいですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連記事

-生活

© 2022 「いろどり」 Powered by AFFINGER5