人物

長澤まさみ大河ナレーションが聞きづらい?声が低いなど賛否両論!

2022年1月17日

NHKの大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の放送がスタートしましたね!

三谷幸喜さんが脚本を担当し、豪華なキャストで話題になっていますが、長澤まさみさんがナレーションをしていることも今話題になっています。

そんな長澤まさみさんのナレーションですが「聞きづらい」、「ナレーションの部分だけ音量を上げた」といった声があがっているようですよ。

そこで今回は、長澤まさみさんの大河のナレーションが聞きづらいと言われていることについて調べていきたいと思います。

 

長澤まさみが大河ナレーションを担当!

 

この投稿をInstagramで見る

 

長澤まさみ(@masami_nagasawa)がシェアした投稿

2022年1月9日(日)20:00から放送スタートしているNHK大河ドラマ『鎌倉殿13人』で長澤まさみさんがナレーションを担当しています。

この大役に決まった時の長澤まさみさんは

ナレーションの仕事は好きで、いつか大河ドラマのナレーションもできたらいいなと憧れていました。1年を通して見届ける立場にいるので、うれしい反面、責任重大だと思っています。   (YAHOO!ニュース)

とコメントをしています。

『鎌倉殿13人』の脚本を担当する三谷幸喜さんの作品に、長澤まさみさんはいくつか出演しており繋がりがあるため、今回ナレーションにキャスティングされたようですよ。

 

長澤まさみ大河ナレーションは聞きづらい?

『鎌倉殿13人』の放送がスタートし、長澤まさみさんのナレーションが流れると、SNS上では

 

といった声があがっていました。

長澤まさみさんのナレーションが聞きづらいと感じる人は多いようですね。

長澤まさみ大河ささやきナレーションはわざと?

調べてみると、長澤まさみさんのナレーションに対して「ヒソヒソ話のよう」「囁いている」という感想をもった人が多くいたようです。

長澤まさみさんは三谷幸喜さんから、「登場人物たちに寄り添い、隣の部屋からささやいているような距離感で」とナレーションのイメージを指示されているそうなので、囁くようなナレーションは演出で行っているようです!

長澤まさみ大河ナレーションは声が低い?

また、長澤まさみさんのナレーションへの感想を調べてみると「声が低い」と感じた人もいたようです。

長澤まさみさんの声は、演じる役によっては透き通ったように明るいイメージがあるため、今回のように落ち着いた声を聞いたことがない人は違和感を感じるかもしれませんね。

 

長澤まさみ大河ナレーションが好評?

https://twitter.com/perutora0330866/status/1480840319390613504

ナレーションが「聞きづらい」という声もある一方で、長澤まさみさんのナレーションに好印象を抱いている人もいるようですよ!

長澤まさみ大河ナレーションが心地良い?

ナレーションに対する感想は、個人差があるようですね。

また、1話の時には聞きづらかったナレーションが2話では聞き取りやすくなっていたという感想もありました。

 

長澤まさみ過去のナレーション作品は?

ドラマのナレーション

長澤まさみさんは、過去にもナレーションの仕事をしています。

【作品】

・映画『つみきのいえ』

・映画『日本列島 いきものたちの物語』

・ドラマ『山田孝之のカンヌ映画祭』

長澤まさみさんのナレーションをもっと聞きたいという人は、見てみてください。

 

長澤まさみ大河はナレーションだけ?

長澤まさみさんは今までにも大河ドラマに出演したことがあります。

【作品】

・『功名が辻』

・『天地人』

・『真田丸』

ですが、今回の『鎌倉殿の13人』ではナレーションのみでの出演なようですよ。

大河ドラマへの出演は次回作以降となります。

 

長澤まさみ大河ナレーションについてまとめ!

いかがでしたか?

今回は、長澤まさみさんの大河のナレーションが聞きづらいと言われていることについて調べてまとめてきました。

その結果、「聞きづらい」という声がある一方で好印象をもっている人もいるということが分かりました。

今後の長澤まさみさんのナレーションにも注目していきたいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連記事

-人物

© 2022 「いろどり」 Powered by AFFINGER5