食べ物

ミーシェンとフォーの違いは?カロリーや原材料も気になる!

2022年4月26日

皆さんミーシェンという香港初のヌードルを知っていますか?

今春、香港で人気NO.1のヌードルチェーンTam Jai Samgor(タムジャイ サムゴー)がオープンしました!

ときどき無性に食べたくなるアジア料理。

麺といえば原材料がお米でグルテンフリーのフォーが有名です。

パクチーや香辛料の癖はありますがカロリー控えめで女性人気は高いですよね。

今回は新たに人気を集めているミーシェンを調べてみました。

フォーとの違いや、カロリー、原材料について紹介します。



ミーシェンとは?

香港では毎日行列ができるほどの人気のミーシェン。

漢字で表記すると米線になります。

その名の通り、米粉を原材料に使用しています。

寒い時には野菜と煮込んで食べることが多く、夏には冷麺のようにして食べるのが香港流。

麺自体には味がほとんどないので辛いスープで痺れを楽しむ麺です。

 

ミーシェンとフォーの違いは?

わかる人には味の違いがわかると思いますが、大きな違いは麺の形状です。

フォーの原材料は米粉と水。形状は平打ちで日本のきしめんのような形状。

ミーシェンの原材料は米と水・形状は丸めんでうどんのような形状。

原材料は同じで、製法も似ていますね。

形状が違うことでスープの絡み具合や喉越し、食感が変わってきます。

ミーシェン麺の食感は?

ミーシェンは太麺のビーフンと表されることが多いです。

ビーフンは割と歯応えのある食感で、ミーシェンも比較的似ていると思います。

 

ミーシェンのカロリーはどれくらい?

最近話題になったミーシェンはカロリー表には載っていませんでした。

ライスヌードルで調べてみると以下のようなカロリーです。

ライスヌードル栄養成分表(100g)

エネルギー 377kcal

タンパク質 7g

炭水化物  79.9g

原料は同じですので恐らくこれくらいのカロリーではないでしょうか?

このカロリーの低さや食感が話題となり日本でもタムジャイサムゴーミーシェンの店舗が続々と出店中です。

ミーシェンの原材料は?

ミーシェンの原材料は前述しましたが米と水というシンプルなもの。

添加物や油が入っていないのが嬉しいですね。

グルテンフリーなので特に女性から人気のヘルシーな麺です。

 

ミーシェンとフォーの違いについてまとめ!

さて今回は今話題のミーシェンについて調べてみました。

フォーとは原材料は同じで違いは形状や食感だけのようです。

スープのバリエーションが多く温麺でも冷麺でもOK。

いろんな味を試したいですね!

関連記事

-食べ物

© 2022 「いろどり」 Powered by AFFINGER5