人物

渡辺雅司(船橋屋)の年収や経歴は?ベントレーなど愛車が凄い?

SNSで愛車「ベントレー」での事故やその後の対応の悪さが話題になっている渡辺 雅司さん。

「運転が荒い」「恫喝するのは良くない」など、批判の声が多い渡辺 雅司さんですが、大きく報道されたことで、彼の経歴や年収に興味を持った方も多いのではないでしょうか。

この記事では、実業家であり、株式会社「船橋屋」の取締役社長、渡辺 雅司さんについて紹介いたします。

株式会社「船橋屋」取締役社長をしていることに加えて、「ベントレー」以外にも高級車を何台も持っていいると推測される渡辺 雅司さん。

一体年収はいくらなのでしょうか。

是非、最後までお付き合いいただけると幸いです。

 

渡辺雅司(船橋屋)のプロフィールは?

渡辺 雅司さんのプロフィール

名前:渡辺 雅司(わたなべ まさし)

生年月日:1964年2月16日生まれ

出身地:東京都江東区亀戸

職業:実業家、株式会社「船橋屋」取締役社長(八代目当主)

 

渡辺雅司(船橋屋)の経歴は?

立教大学経済学部卒業後の1986年、旧・三和銀行(現・三菱UFJ銀行)に入行。

1993年に家業「元祖くず餅 船橋屋」に入社。

2008年に取締役社長(八代目当主)に就任。

新しい人事評価の導入、若手の抜擢などを行い、会社を内側から改革。

新商品の開発を積極的に行うなど、ファン層の拡大にも尽力しました。

渡辺雅司(船橋屋)の出身大学は?

立教大学の経済学部を卒業しています。

出身地から考えて東京キャンパスと予想されます。

【地図】

渡辺雅司(船橋屋)の出身高校は?

立教新座高等学校を卒業しています。

【地図】

 

渡辺雅司(船橋屋)の年収はどのくらい?

渡辺 雅司さんの年収を船橋屋の従業員の数や売り上げなどから考えてみましょう。

2020年3月時点の従業員数が250名、同年の売り上げが20億だということを踏まえて考えてみます。

そうすると、役員報酬は「年収6,000万円から8,000万円」くらいではないでしょうか。

渡辺雅司(船橋屋)ベントレーの値段は?

社長をしている渡辺 雅司さんの愛車は「ベントレー」。

車種はベントレー『コンチネンタルGTマリナーW12』だと推測されます。

この車はなんと、パワフル・スピード・ダイナミック・ラグジュアリーと、この4つの要素を突き詰めた名実ともに高級車。

そんな「ベントレー」の値段は2,700~3,710万円

渡辺雅司(船橋屋)ベントレー以外の愛車は?

そんな高級車「ベントレー」のほかにも、ロールスロイスも愛車として持っていたことがあったそうです。

値段は車種にもよりますが、3000万円から6000万円くらいでしょう。

加えてスポーツカー(車種不明)も別で持っていたそうです。

 

渡辺雅司(船橋屋)の年収や経歴についてまとめ!

立教大学経済学部を卒業後、銀行からの転職を経て、家業の会社「船橋屋」を大きく成長させた渡辺 雅司さん。

推定年収6,000万~8,000万円に加えて、ベントレーをはじめ、たくさんの高級車を持っているお金持ちでした。

きっと今後も船橋屋を拡大させていくことでしょう。

船橋屋の今後に期待です。

この記事が少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

関連記事

-人物

© 2022 「いろどり」 Powered by AFFINGER5