人物

草野華余子の経歴やwikiプロフは?高校や印税額についても!

「草野華余子」という人をあなたは知っていますか?

実は、アニメ『鬼滅の刃』のオープニング曲である「紅蓮華」の作曲家なのです。

歌手のLiSAさんはもちろん有名になっていますが、「大ヒット曲の作曲家ってどんな経歴なの?」、「wikiプロフや大学について知りたい!」と、草野さんについても話題になっていますよ。

そこで今回は、草野華余子さんの気になるwikiプロフや大学、経歴について調べてみました。

 

草野華余子のプロフィールは?

【プロフィール】

名前:草野 華余子(くさの かよこ)

生年月日:1984年2月25日

出身地:大阪府

職業:シンガーソングライター、作詞家、作曲家

所属:ソニー・ミュージックパブリッシング、CAT entertainment

草野さんは、2つの事務所に所属しています。

ソニーミュージックパブリッシングには作家として、CAT entertainmentにはアーティストとして所属していますよ。

草野華余子の高校や大学は?

草野さんは音楽コースのある高校に通っていたようですが、出身高校名についての情報は公表されていませんでした。

高校時代は美術部に入り、周りと違って草野さんは、L'Arc~en~Cielの模写をしていたそうですよ。

高校卒業後は関西大学社会学部に進学しています。

憧れである矢井田瞳さんやbirdさんが関西大学出身なので、草野さんも同じ大学に進学したのだそうですよ。

関西大学では軽音楽部Ⅰ部に入って、熱心に音楽活動をしていました。

 

草野華余子の経歴は?

https://twitter.com/kayoko225/status/1363871081220567040

3歳の頃からピアノや声楽を習っていた草野さんは、5歳の時から作曲を始めました。

当時は妹に頼まれて、ぬいぐるみに対して1曲ずつ曲を作ったのだそうですよ。

幼い頃から作曲の才能があったのですね!

そして大学時代、先輩に「才能があるから、オーディションを受けるべきだ」と言われたことをきっかけに、作曲した曲をもってオーディションを受けるようになりました。

オーディションに受かるのは難しいことでしたが、先輩の励ましを受け、就活を辞めて、大学卒業後はシンガーソングライターとしての活動を始めることにしたのです。

音楽活動を続けた結果、2019年に大ヒット曲「紅蓮華」の楽曲提供をすることになりました。

草野華余子の代表曲は?

シンガーソングライターの「カヨコ」として、CDシングルやアルバムをリリースしていますが、残念ながら代表曲と言える程ヒットした曲はありません。

草野さんの代表曲と言えば、やはり作曲を手掛けた「紅蓮華」です。

アニメ『鬼滅の刃』のオープニングテーマとして大ヒットし、歌手のLiSAさんはこの曲で紅白歌合戦出場を果たしています。

 

草野華余子紅蓮華の印税額は?

印税

大ヒット曲の作曲家ということで、印税額が気になりますが、細かい金額は公表されていません。

ですが、CDの売り上げ、ダウンロードの売り上げ、テレビやカラオケでの使用料から計算すると1000万円は超えているだろうという情報がありますよ。

草野華余子とLiSAの出会いは?

実はかなりのアニメオタクである草野さん。

アニソンを歌っていたLiSAさんとの共通の知人の紹介で、LiSAさんに曲を提供することになりました。

LiSAさんとの初対面の日、当時大阪から東京に通っていた草野さんは待ち合わせに遅刻してしまい、周りの人に怒られてしまいます。

落ち込んでいる草野さんに対してLiSAさんは「こういうこともあるよね。いい曲ありがとう。」と声を掛けたのだそうです。

このことから草野さんは、LiSAさんのために一生曲を書き続けると決めたそうですよ。

因みに、この頃の草野さんは、音楽活動を辞めようとも考えていたのだそう。

今の草野さんがあるのは、LiSAさんとの出会いのおかげだと言えますね。

今後も二人がタッグを組んだ曲を聞いてみたいです。

 

草野華余子についてまとめ!

今回は草野華余子さんの、wikiプロフや大学、経歴についてまとめてきました。

草野さんは幼い頃から作曲活動をしていて、憧れのアーティストと同じ関西大学に進学します。

そして、LiSAさんとの出会いによって、その才能が世に認められるようになったということも分かりましたね。

作曲家として注目されるようになった草野さん。

これからどのような曲を作り出していくのでしょうか。

今後の活躍に期待したいですね!!

関連記事

-人物

© 2021 「いろどり」 Powered by AFFINGER5