降水量

キキクル(気象庁)の使い方は?見方や色分けについても!

気象庁が提供している「キキクル」というサイトをご存知でしょうか?

「キキクル」は大雨による洪水や土砂災害の危険度の高まりが一目で確認できるサイトです。

アプリでも配信している「キキクル」ですがどのように使うのでしょうか?

この記事では「キキクル」の使い方を中心にお送りします。

この記事で分かる事

  • キキクルの使い方
  • キキクルの色分けについて
  • キキクルのアプリについて

 

キキクル(気象庁)とは?

キキクルとは気象庁が提供しているサイトです。

キキクルにより大雨による災害の危険度が一目で確認出来ます。

土砂、浸水、洪水をそれぞれカラー分けしていますのでとても分かりやすいですよ!

 

キキクル(気象庁)の使い方は?

キキクルの使い方

キキクルの使い方をご紹介します。

気象庁のHPにアクセスしてください。

①防災情報をクリック

キキクルの使い方1

気象庁HP上部の防災情報をクリックしてください。

②気象防災からキキクル3つの災害危険度分布から選択する

キキクルの見方

気象防災にキキクルがあります。

その下に土砂、浸水、洪水と3つの選択肢がありますので確認したいものを選択してください。

 

キキクル(気象庁)の見方使い方は?

キキクルの具体的な見方をご紹介します。

まず3つの選択肢を選んだら日本地図が出てきますので、ご自身のお住まい付近をご確認ください。

画面左上のプラス(+)マイナス(-)で拡大や縮小出来ます。

また現在地を表示するアイコンもありますよ。

キキクル(気象庁)土砂の見方

キキクル土砂見方

土砂をクリックすると、色分けにより土砂災害の危険度が分かるようになります。

色分け 土砂災害の危険度
災害圧迫【警戒レベル5相当】
危険【警戒レベル4相当】
警戒【警戒レベル3相当】
注意【警戒レベル2相当】
今後の情報等に留意

一般的に赤色の警戒レベル3以上は避難指示相当に当たります。

また、土砂災害警戒区域をクリックすると土砂災害が想定される範囲が確認出来ます。

赤い丸で囲った土砂災害警戒区域をクリックすると黒いドット(拡大すると黄土色)の箇所が表示されます。

この画像は台風14号が発生している2022年9月18日午前10時の時点になりますが、まだ台風の影響を受けていない岐阜県周辺や秋田県周辺でも土砂災害警戒区域として確認出来ます。

今後台風や大雨の影響で土砂災害の危険がありますので、キキクルの着色を確認して安全を確保しましょう。

キキクル(気象庁)浸水の見方

キキクル浸水見方

浸水につきましても色分けにより危険度が確認出来ます。

色分け 浸水災害の危険度
災害圧迫【警戒レベル5相当】
危険
警戒
注意
今後の情報等に留意

 

キキクル(気象庁)洪水の見方

キキクル洪水見方

洪水の見方ですが、河川が太い線(指定河川)と細い線に分かれて表示されています。

規模が大きい河川は洪水により被害が甚大になることから国や都道府県により河川水位の予測を行っています。太い線はこの指定河川洪水予報を表しています。

 

Q、洪水予報指定河川とは?

A、水防法の規定により、洪水により重大又は相当な損害を生ずるおそれがあるものとして国土交通大臣又は都道府県知事が指定し、気象庁長官と共同して洪水予報を実施する河川。

気象庁より引用

【指定河川洪水予報】

色分け 洪水災害の危険度
氾濫発生情報【警戒レベル5相当】
氾濫発生情報【警戒レベル4相当】
氾濫発生情報【警戒レベル3相当】
氾濫発生情報【警戒レベル2相当】
水色 発生なし

細い線は規模のそれほど大きくない河川です。

こちらは気象庁で危険度を予測しています。

【洪水害の危険度】

色分け 洪水災害の危険度
災害切迫【警戒レベル5相当】
危険【警戒レベル4相当】
警戒【警戒レベル3相当】
注意【警戒レベル2相当】
水色 発生なし

また、土砂と同様に洪水浸水想定区域も見れます。

キキクル洪水予報区域

上にある赤丸で囲ったアイコンをクリックすることで洪水浸水想定区域が確認出来ます。

こちら周辺にお住まいの方はキキクルの着色を細目に確認するようにしましょう。

 

キキクルの使い方や見方についてまとめ!

今回はキキクルの使い方や見方について紹介しました。

台風も多い季節になりますので雨が激しい地域や台風が接近する場所にお住みの方はキキクルをチェックして早めに備えてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

関連記事

-降水量

© 2022 「いろどり」 Powered by AFFINGER5