kifutown

寄付タウンの受け取り方法は?口座や贈与税・確定申告についても!

個人間で、寄付をしたり、寄付を受けたりすることのできる寄付タウン

アプリを使うことによって、簡単にやりとりができるのがメリットで、話題になっています。

そんな寄付タウンですが、いざ寄付金を受け取るという時、その受け取り方法や仕組みはどのようになっているのでしょうか?

口座振替なのか、電子マネーが使えるのか、また税金はかかるのかも知りたいですよね。

そこで今回は、寄付タウンでの寄付金の受け取り方法や、口座や税金について調べていきたいと思います。

 

寄付タウンの受け取り方法は?

お金の受け取り

寄付をしてもらえることが決まると、寄付金を受け取ることができます。

その受け取り方法はどのようになっているのでしょうか?

寄付金を受け取るのに、直接会いたくないという人がほとんどなようですが、現金での受け取りの可能性はあるのでしょうか?

 

寄付タウンの受け取りは口座振込?

口座振り込み

調べてみると、寄付金を受け取る方法は、口座振込であることが分かりました。

口座振込であれば、相手と直接会う必要はないですね。

また、寄付をしてもらえることが決まると、寄付金を受け取るための受取用口座を期限内に登録しなければならないようです。

kifutownに登録している名前と同じ名義の銀行口座を登録しましょう。

注意ポイント

期限内に受取用口座を登録していなかったり、誤った口座情報を登録していた場合、寄付金の当選が取り消されることもあります

当選後、2週間後を目安に振り込まれるようですよ!

寄付タウンの受け取りは電子マネーでも出来る?

寄付タウンでの寄付金受け取りは、口座振込のみで、電子マネーで受け取ることはできません。

前澤友作さんによる、宇宙からのお金贈りキャンペーンでは、kifutown独自の電子マネーを受け取るようになっていたようです。

 

寄付タウンの受け取りに税金はかかる?

確定申告

寄付タウンではお金のやりとりが生じるので、税金についても気になりますよね。

申告しないといけないのかどうか、把握しておきたいところです。

寄付タウン贈与税はかかる?

調べてみたところ、寄付者が個人であれば、寄付金は贈与税の課税対象となるようです。

また、寄付者が法人であれば、一時所得として所得税の課税対象となるのだとか。

寄付タウンの公式サイトに書いてあるので、確認しておきましょう。

寄付タウン確定申告どうなる?

納税する必要がある場合は、もちろん納税の義務があるので、税金を納めなければなりません。

因みに贈与税の場合は、確定申告の時期とは少し違い、毎年1月1日から12月31日までの1年間分を翌年の2月1日から3月15日までに手続きすることになっています。

寄付タウンは公務員でも利用可能?

調べてみましたが、公務員が利用可能という情報も、利用不可という情報もありませんでした。

今後情報が入り次第追記します。

 

寄付タウンの受け取りについてまとめ!

いかがでしたか?

今回は、寄付タウンでの寄付金の受け取り方法や、口座や税金について調べてまとめてきました。

寄付金を確実に受け取るためにも、口座の登録期限には気を付けましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連記事

-kifutown

© 2022 「いろどり」 Powered by AFFINGER5