カタールワールドカップ

鎌田大地の高校中学時代はどのような選手?プレースタイルを知りたい!

カタールワールドカップでの日本の戦いが迫ってきました。

日本代表で注目選手は今年絶好調の鎌田大地選手です。

ドイツの強豪フランクフルトで活躍していることから、対戦国のドイツなども鎌田選手を要注意選手としてあげています。

そんな鎌田選手ですが、中学や高校時代はどのような選手だったのでしょうか?

この記事では「鎌田大地の高校中学時代はどのような選手?プレースタイルを知りたい!」と題してお送りします。

 

鎌田大地中学時代の所属はどこ?


中学時代は、ガンバ大阪ジュニアユースに所属しました。

ガンバジュニアユースと言えば、多くのプロ選手を輩出した名門です。

そんなジュニアユース時代は井手口陽介さんなどのライバルが多数いたようです。

 

鎌田大地中学時代のプレースタイルは?

中学時代の鎌田大地選手は、まだ小柄だったせいもあってか守備面ハードワーク面においての物足りなさがあったようです。

現在は守備面でもハードワーク出来る選手ですが、日本のJリーグで活躍していた時も守備は課題と言われていましたので中学時代も守備苦手だったのかもしれませんね!

しかし、当時からテクニックは抜群の選手だったようです。

 

鎌田大地中学時代の成績は?

腰の怪我のせいもあってか、中学3年生になっても途中出場が多くガンバユースへの昇格は叶いませんでした。

当時の鎌田選手がユース昇格を見送られた理由のひとつは、「攻守の切り替えや守備面に課題がある」というものだったそうです。

 

鎌田大地高校時代の所属はどこ?

ガンバユースに昇格出来なかった鎌田選手は京都府にある東山高校に進学します。

ちなみに東山高校の福重監督は鎌田選手の父親と同じ大阪体育大学の1年後輩だそうです。

そんな鎌田選手ですが、東山高校では攻守の切り替えや球際の強度など足りない部分を成長させるために選びました。

 

鎌田大地高校時代のプレースタイルは?

鎌田選手の高校時代はパスセンスやテクニックがある選手でした。

現在と同じように高校時代から飄々とプレーしていたようですよ!

また中学時に苦手だった。守備や切り替えなどの強度も上がりチーム貢献出来る選手へと成長しました。

 

鎌田大地高校時代の成績は?

鎌田選手の高校時の成績ですが、MFながら得点力もあり、2年時のプリンスリーグでは18試合で22ゴールを記録し得点王となりました。

チームも高校世代の最高峰プレミアリーグへと昇格させる大活躍でした。

 

 

鎌田大地の高校中学時代についてまとめ!

いかがでしたか?

鎌田大地さんの中学高校時代所属やプレイスタイルなど、その他いくつかの情報を紹介させていただきました。

積極的にくる格上の選手相手には本領を発揮できる変わったタイプの選手です。

独自のスタイルについて鎌田大地さんは、「フィジカルが本当に無いんで、スーパースターみたいな感じのプレースタイルでも無いから、上手く気を利かせないと上に行けないと思ってる」と語っています。

他の選手達にも一目を置かれている彼の今後の活躍に期待したい所です。

関連記事

-カタールワールドカップ

© 2022 「いろどり」 Powered by AFFINGER5