人物

今井月のwikiプロフィールは?出身高校や大学についても!

あなたは今井月さんを知っていますか?

今井さんは競泳選手で、2016年のリオ五輪では200m準決勝にまで進出しています。

東京五輪での金メダルを獲得することが夢なようで、その活躍に注目が集まっています。

そんな今井さんのwikiプロフ出身高校大学が気になりますよね。

そこで今回は、今井月さんのwikiプロフや出身高校、大学について調べていきたいと思います。

 

今井月のwikiプロフィールは?

【プロフィール】

名前:今井 月(いまい るな)

生年月日:2000年8月15日

出身地:岐阜県岐阜市

身長:164cm

所属:東洋大学、コカ・コーラスポーツクラブ

今井さんの「るな」という名前は、兄の流星さんにちなんで付けられたそうですよ。

「るな」はラテン語で月の女神を意味するそうで、とても素敵な由来ですよね。

最近ではキラキラネームとも言われますが、読み方が定着してきている感じもします。

今井月の出身高校や大学は?

今井さんは愛知県の豊川高校の出身です。

豊川高校は水泳の強豪校で有名なため、進学したそうで、入学後すぐに行われた大会で成績を残し、リオ五輪への出場権を得ています。

高校卒業後は東洋大学へ進学しており、法学部企業法学科へ在学中です。

国際社会で活躍するための能力やスキルが身に付くそうで、世界を舞台に活躍する今井さんにピッタリな学科ですね。

 

今井月の経歴は?

2013年 全国中学校水泳競技大会で初の2冠

2014年 FINA競泳ワールドカップ200m平泳ぎ準優勝

2015年 全国中学校水泳競技大会3年連続2冠

2016年 日本選手権水泳競技大会200m個人メドレー決勝で2位→リオ五輪出場決定

2017年 インターハイ100m平泳ぎ、200m平泳ぎ、400mリレー優勝

2018年 インターハイ100m平泳ぎ、200m平泳ぎ、200m個人メドレー優勝・大会新

2019年 インカレ100m平泳ぎ、200m個人メドレー、400mリレー、800mリレー、400mメドレーリレー優勝

2020年 インカレ100m平泳ぎ、200m個人メドレー、400mリレー、800mリレー、400mメドレーリレー優勝

大舞台で2冠や3冠を達成している今井さん。

「レースをこなして強い自分を作っていきたい」と話しているそうですよ。

 

今井月の家族について!

そんな強い今井さんの家族は、一体どのような人達なのでしょうか?

今井月の父親は?

父親の博美さんは、今井さんの競泳生活をずっと支えてきたそうです。

スイミングスクールへの送迎や食事の準備などはもちろん、仕事の合間に時間を作り、今井さんが出場するレースには全て帯同してきたのです。

妻のリサさんを亡くした悲しみから、今井さんの頑張る姿を見て立ち直ったのだそう。

今井月の母親は?

フィリピン出身の母親のリサさんは、今井さんが8歳の時、38歳で亡くなっています。

身体が弱かったリサさんは心室細動で亡くなったそうです。

自宅で倒れていたリサさんに気付いたのは今井さんだったようですよ。

今井月の兄弟は?

今井さんの2歳上の兄である流星(ひかる)さんも、今井さんと同じく競泳の選手として活躍しています。

流星さんが水泳をしている姿を見て、今井さんは水泳を始めたのだそうですよ。

因みに流星さんは、豊川高校と早稲田大学で水泳部の主将を務めています。

とても頼りがいのある兄のようですね。

 

今井月に彼氏はいる?

今井さんは可愛すぎるルックスの持ち主ですが、本人も「モデルになる」と公言していて、2017年からよしもとクリエイティブ・エージェンシーとのマネジメント契約も結んでいます。

そのため、周りの男性が放っておかないと思いますが、今のところ彼氏の情報はありませんでした。

今は水泳に集中しているのかもしれませんね。

 

今井月についてまとめ!

いかがでしたか?

今回は、今井月さんのwikiプロフや出身高校、大学について調べてまとめてきました。

その結果

・日本人の父親とフィリピン人の母親のハーフ

・兄も競泳選手

・愛知県にある水泳の強豪校、豊川高校の出身

・東洋大学法学部企業法学科に在学中

であることが分かりました。

東京五輪の出場を目指している今井さんの、今後の活躍に注目ですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連記事

-人物

© 2021 「いろどり」 Powered by AFFINGER5