TV

羽田空港カレー自販機の場所や値段は?設置理由についても!

2021年2月15日

「月曜から夜ふかし」で羽田空港に設置されているカレーだけの自販機が紹介されました。

確かにカレーは嫌いな人は少ない大人気料理ですが…レトルトを自動販売機で売ってもすぐ食べれないですし需要はあるのでしょうか?

また私自身羽田空港は何度も利用したことはあるのですが、カレー自販機は見たことありません!

一体設置場所はどこなのでしょうか?値段も気になりますよね!

そこで今回は「羽田空港カレー自販機の場所や値段は?設置理由についても!」と題してお送りします。

 

羽田空港カレー自販機の設置場所は?

カレーを販売している自販機は羽田空港の第二ターミナルにあるそうです!

詳しい場所は第二ターミナル2階の出発ロビーの出発口 AとBの中間付近となります。

自販機がある事を知らない方がほとんどだと思いますので気になった方は行ってみてくださいね!

 

羽田空港カレー自販機の値段は?

カレーの自動販売機を出しているのは岡山県総社市だそうです!

売っているカレーは「小学校カレー」や「消防署カレー」といったカレーで岡山県総社市の小学校をレトルトカレーとして販売しています。種類は17種類あるようですよ!

値段は一律350円でメニュー表には各学校のカレーの具材や甘さ特徴を書いていますのでお好みの味を選びましょう♪

 

羽田空港カレー自販機の設置理由は?

なぜ岡山県の小学校のカレーを羽田空港で販売しているのでしょうか?

調べてみましたが理由は不明でした。

「月曜から夜ふかし」には市長の片岡聡一さんもVTR出演しますので設置理由を話すかもしれませんね。


片岡聡一市長は以前Twitterで、

「羽田空港の総社小学校カレー自動販売機。なかなか売れません。低迷してます。どうぞ宜しくお願いいたします」

とも話していましたのでTVで取材されることにより売上があがるかもしれませんね!

 

羽田空港カレー自販機についてのまとめ!

今回は「月曜から夜ふかし」で紹介された羽田空港のカレー自販機について紹介しました!

この記事をまとめますと、

・設置場所は第二ターミナル2階(出発ロビーの出発口 AとBの中間付近)

・カレーの値段は350円

・カレーの種類は17種類

 

興味のある方は羽田空港に行った時に購入してみてくださいね!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

関連記事

-TV

© 2021 「いろどり」 Powered by AFFINGER5