TV

箱根駅伝実況2022は誰?うるさいや下手との声や名言も紹介!

2022年7月4日

2022年も、お正月の風物詩となっているスポーツの箱根駅伝があります。

お正月は家で箱根駅伝を見てゆっくり過ごすという人も多いのではないでしょうか?

そんな箱根駅伝に関して、「実況がうるさい」という声があがっているのを知っていますか?

ランナーの様子を細かくアナウンサー達が実況しているのですが、どうしてうるさいと言われているのでしょうか?

そこで今回は、箱根駅伝2022の実況が誰なのか、うるさい下手との声についても調べていきたいと思います。

 

箱根駅伝実況2022は誰?

調べてみると、2022年の実況は誰が担当するのか発表されていました。

1号車 蛯原 哲
2号車 佐藤 義朗
3号車 山本 健太
バイク 安藤 翔
鶴見中継所 上重 聡
戸塚中継所 平松 修造
平塚中継所 梅澤 廉
小田原中継所 伊藤 大海
小涌園 町田 浩徳
スタート、フィニッシュ 森 圭介

箱根駅伝は、毎年日テレ系で放送されるので、日テレのアナウンサーが実況を担当することになっているようですよ。

 

箱根駅伝実況2022もうるさい?

毎年実況を担当しているのが、日テレのアナウンサーのため、実況のメンバーががらりと変わることはありません。

そのため、昨年「実況がうるさい」と感じた人は、今年も感じるかもしれませんね。

ですが、例えば日テレの実況に対する苦情が大量に寄せられているとすると、今までよりもうるさいと感じにくくなっている可能性もあります。

箱根駅伝実況がうるさいと不評の過去?

過去の箱根駅伝の実況に対する不評の声を調べてみると

など、「冷静になってほしい」「静かにしてほしい」といった声があがっていることが分かりました。

アナウンサーが名言を残そうとしているわけではないと思いますが、現場の様子を伝えようとすると興奮してしまうのかもしれませんね。

また、中には「実況の声が監督の声に被って、監督が何を言っているのか分からない」という声もありました。

監督がランナーに何と声を掛けているのか知りたいのに、聞こえないとなるとストレスになってしまいますね。

 

箱根駅伝実況2022が下手と話題?

箱根駅伝の実況は「うるさい」だけではなく、「下手」だと思う人もいるのだとか。

一方で、アナウンサーが行っている、ランナーへの事前の取材の情報を聞くこともできたりと、実況を楽しみにしている人もいるようですよ。

箱根駅伝実況が下手と言われる理由は?

箱根駅伝の実況を担当することは、若手アナウンサーにとっての登竜門となっているようです。

そのため、単に実況に慣れていないということが考えられます。

また、アナウンサーは当日までにランナー達に取材をしているため、感情移入してしまい、頑張って走っているランナーを見ると、つい冷静ではなくなってしまうのかもしれません。

 

箱根駅伝実況2022も名言が生まれる?

ランナーと名言

箱根駅伝の実況では、アナウンサーによる名言が生まれることもあります。

2022年大会も名言が生まれるのでしょうか?

情報が入り次第追記したいと思います。

箱根駅伝実況過去の名言を紹介!

過去の名言には

・区間新記録は記録に残りませんが、皆さんの記憶に残してください

・今年は記録破壊の箱根駅伝

・アンカーの温もりを感じられないままの襷。ランナーの手元の襷がだんだん冷たくなっていく

・爽やかな雄たけび

・箱根の借りは箱根で返す

があります。

ランナーの走りを見ながら、こうした実況を聞いていると、箱根駅伝を見ている側にも力が入りますね。

 

箱根駅伝実況2022感動したとの声!

感動する人

多くの感動を与えてくれる箱根駅伝。

2022年大会についての視聴者からの声は、情報が入り次第追記しますね。

因みに昨年は

今年もたくさんのドラマがあって感動しました!
箱根駅伝感動したー。録画してたやつまた見よう。
今年の箱根もあっという間だったな。私にとっては衝撃の結果だった。

など、感動したという声がたくさんあがっていました。

 

箱根駅伝実況2022についてまとめ!

いかがでしたか?

今回は、箱根駅伝2022の実況が誰なのか、うるさいとの声についても調べてまとめてきました。

その結果

・日テレのアナウンサーが実況をしている

・箱根駅伝の実況は、若手の登竜門とも言われているため、実況の経験がないアナウンサーの場合もある

・アナウンサーは、事前にランナーへ取材を行っていることから、当日感情移入して冷静でなくなる場合もある

ということが分かりました。

今年の箱根駅伝の実況はどのようになるのでしょうか?

当日が楽しみですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連記事

-TV

© 2022 「いろどり」 Powered by AFFINGER5