未分類

箱根駅伝外国人枠は何人まで?ずるいなど世間の反応についても!

2023年1月2日

箱根駅伝2023が開催されていますが、毎年話題になるのが外国人留学生選手です。

何人抜きか話題になりますが、外国人枠はあるのでしょうか?

外国人枠があるとすれば何人までなのでしょうか?

また、外国人選手に対する世間の声についても気になります。

今回は「箱根駅伝外国人枠は何人まで?ずるいなど世間の反応についても!」と題してお送りします。

 

箱根駅伝外国人枠は何人まで?

 

箱根駅伝の外国人枠は1枠になっています。

多くの外国人留学生選手を抱えているチームとしては、どの選手を選択するかが勝負の分け目になりそうですね!

ちなみに箱根駅伝の10区間で1人となり、メンバー登録は2人まで可能になります。

 

箱根駅伝外国人枠が1人の理由はなぜ?

箱根駅伝で外国人枠が1人の理由は、箱根駅伝が日本のマラソン強化という目的の為と言われています。

外国人枠を増やしてしまうと、全区間外国人で出場する大学も出てくるかもしれませんし見ている方からすればずるく感じますよね!

 

箱根駅伝外国人選手はずるい?

外国人枠が設けられている外国人選手ですが、それでもずるいとの声はあるようです。

 

箱根駅伝外国人が強すぎる!

日本選手のレベルも上がってきてはいますが、それでも外国人選手は心肺機能の差があり強すぎます。

毎年外国人選手が複数人数抜きと話題になりますよね!

 

箱根駅伝外国人選手を起用する理由は?

ずるいなどの声があっても外国人選手を起用する理由ですが、外国人選手を起用しても勝利すれば知名度が上がり有望な選手が集まる可能性も高くなます。

ある大学の監督は外国人選手を1度起用するとやめられなくなると話していました。

元々能力の高い選手は育成する必要も少ないので監督としては楽なのかもしれませんね!

 

箱根駅伝外国人枠は何人まで?ずるいなど世間の反応についても!

今回は箱根駅伝での外国人選手枠やするいなどの世間の声を紹介しました。

外国人選手は強い選手が多いのですが、1人までしか起用出来ないのでそれ以外の選手の育成が重要だと感じました。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

関連記事

-未分類

© 2023 「いろどり」 Powered by AFFINGER5