人物

藤光謙司のwikiプロフィールや経歴は?年収や筋肉が凄い?

現役時代から起業し、アスリートとして陸上・短距離界の最年長で活躍している、藤光謙司さん。

しかも、金髪とサングラスが似合うイケメンです。

そして、意外なことにスポーツマンらしからぬ「練習しない」という独自のメソッドを持っておられる、興味深い方です。

天は二物を与えたのかという、漫画の主人公みたいな藤光謙司さん。

そんな藤光謙司さんのwikiプロフ、経歴、年収、気になりますよね。

今回はそんな「異端」と称される、藤光謙司さんのwikiプロフ、経歴、年収を調べてみました。

 

藤光謙司のwikiプロフィールは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kenji Fujimitsu(@gold_kenny51)がシェアした投稿

プロフィール

名前:藤光謙司
出身:埼玉県浦和市
年齢:35歳(2021年現在)
誕生日:1986年5月1日
身長:182cm
体重:69kg
好きなもの:金(きん)

藤光謙司の出身高校や大学は?

藤光謙司さんの出身中学校は、浦和市立三室中学校。

現、さいたま市立三室中学校です。

こちらの三室中学校から、桜井直人さんや平野又三さんなど、幾人かのサッカー選手が卒業しています。

スポーツが盛んな学校だったのか、藤光謙司さんも中学時代から陸上を始められたようです。

浦和市立高等学校に入学。

現在は、さいたま市立浦和中学校・高等学校になっており、中高一貫制共学校になっています。

この高校時代に世界ユース選手権日本代表として、メドレーリレーにおいて銅メダルを獲得し、すでに活躍の兆しをみせています。

そして、日本大学では2007年、アジア選手権の200mでの優勝を勝ち取りました。

学生時代から、大活躍されていますね。

 

藤光謙司の経歴は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kenji Fujimitsu(@gold_kenny51)がシェアした投稿

大学卒業後の活躍はこちら。

経歴

2009年:日本選手権200m、3位
初の世界選手権:400mリレー(アンカー)4位
同年のアジア選手権、400m、1600mリレーで金メダル
同年の東アジア大会、200m、金メダル
2010年:日本選手権、200m、初優勝。
全日本実業団対抗選手権、200m、初優勝
2012年:ゼンリンと所属契約
2013年:全日本実業団対抗選手権、200m、優勝
2014年:300m、日本新記録・アジア新記録
全日本実業団対抗選手権、100・200m、優勝
2017年世界陸上選手権ロンドン大会、4×100mリレー(アンカー)、銅メダル

藤光謙司さんは、大学卒業後華々しい活躍をしてこられた事が分かりますね。

冒頭でも触れましたが、起業もしておられます。

2017年以降は、『逃走中』などのバラエティ番組への出演も増えています。

藤光謙司は結婚している?

イケメンでスポーツも出来る藤光謙司さんは絶対にもてるはずですが、今のところ結婚歴や結婚したという情報はありません。未婚です。

ただ、週刊誌等によって「不倫騒動」が取り沙汰されたことがあります。

真偽のほどは定かではありませんが、お相手は細川稀叶さん。

細川稀叶さんは、ロッテの細川亨選手の奥さんです。

細川稀叶さんは藤光謙司さんの個人事務所の副社長で非常に親密な様子から、そのように騒がれたようです。

細川稀叶さんは、教育プロデューサーとして活躍しています。

 

藤光謙司の年収は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kenji Fujimitsu(@gold_kenny51)がシェアした投稿

藤光謙司さんはニューネックス株式会社代表取締役社長を務めておられるほか、株式会社ゼンリンの所属選手として、陸上短距離の練習を行っています。

陸上選手の年収は平均年収400万円と言われています。

加えて、TV等のメディアへの露出や『練習しない』などの自著の印税なども含まれるでしょう。

藤光謙司さんの愛車は白のフェラーリと言われており、ベンツも所有しているようなので相当な年収があると思われます。

「好きなもの」の項でも書きましたが、藤光謙司さんはだいの金(きん)好きで「外出先で飲食するときは、金粉をかける」とか。

金の鍋の画像をインスタでアップしています。

金なんて、相当なお金持ちのイメージですね。

 

藤光謙司の筋肉が凄い?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kenji Fujimitsu(@gold_kenny51)がシェアした投稿

インスタの画像からも分かりますが、藤光謙司さんの筋肉はシュッと引き締まっています。走るために適した筋肉をつけるように調整しているのが、見て取れます。

藤光謙司さんは、効率的に少ない練習方法で結果を出すことをモットーにしているので、体形のバランスも計算されたベストな状態に保っているのでしょう。

藤光謙司さんは、ジョギングを自分の体と会話と捉えているようで、その日のコンディションに合わせて練習量を調整しているようです。

 

藤光謙司についてまとめ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kenji Fujimitsu(@gold_kenny51)がシェアした投稿

ここまで、藤光謙司さんのwikiプロフ、経歴、年収をお伝えしました。

これまで、スポーツ選手と言えば「根性論で一日中運動している」というイメージでしたが藤光謙司さんに関して言えば、効率的に理論的に計算して行っているように思えました。

現役時代からの起業したことも先を見据えた、藤光謙司メソッドの一環なのかも知れません。

過去のインタビューでも、自分がそのように行動することで、若い世代へ「新時代の陸上選手」のモデルを提示している、ということも話していました。

今までの型を壊すような、ユニークな藤光謙司さんの今後の活躍に期待です。

関連記事

-人物

© 2021 「いろどり」 Powered by AFFINGER5