TV

生徒が人生をやり直せる学校のフードバンクとは?【24時間テレビ】

24時間テレビの特別ドラマ「生徒がやり直せる学校」が放送されました。

家庭環境など様々な問題のある生徒が人生をやり直せるように奮闘した先生の物語でした。

その中でフードバンクという制度で食べ物が寄付されるシーンがありました。

家庭環境などで満足に食事が出来ない生徒もいる中でとても良い制度だと思ったのですが、

このフードバンクとはどのような制度なのでしょうか?

今回は「生徒が人生をやり直せる学校のフードバンクとは?【24時間テレビ】」と題してお送りします。

 

生徒が人生をやり直せる学校のフードバンクとは?

24時間テレビで放送された「生徒が人生をやり直せる学校」ですが、フードバンク制で食べ物を配給しいているシーンがありました。

フードバンク制とはどのような制度なのでしょうか?

 

生徒が人生をやり直せる学校フードバンクとはどのような制度?

農林水産省にフードバンク活動について記載がありました。

食品企業の製造工程で発生する規格外品などを引き取り、福祉施設等へ無料で提供する「フードバンク」と呼ばれる団体・活動があります。まだ食べられるにもかかわらず廃棄されてしまう食品(いわゆる食品ロス)を削減するため、こうした取り組みを有効に活用していくことも必要と考えています。
農林水産省では、食品ロス削減を図る一つの手段としてフードバンク活動を支援します。

農林水産省HPより引用

食べ物が余っていて廃棄処分が問題になっている中、食べ物で困っている人に食べ物が渡る良い制度ですね。

 

関連記事

-TV

© 2021 「いろどり」 Powered by AFFINGER5