生活

インターネットエクスプローラーサポート終了でIEアプリは削除したほうが良い?やるべき作業は?

Internet Explorer 11が2022年6月15日以降は起動できなくなります。

これは昨年、マイクロソフト社が発表した情報です。

インターネットエクスプローラーのサポート終了が、いよいよ期日を迎えました。

インターネットのスタートとしてIEアプリは慣れ親しんだ方も多いでしょう。

今後はどのようにIEアプリを利用したらいいのでしょう?

ということで今回は、インターネットエクスプローラー終了前にやるべきことを紹介します。

 

インターネットエクスプローラーサポート終了を発表!

インターネットエクスプローラーサポート(IE)終了は2021年5月に発表されました。

1年の期間があり段階的に終了してきた形になります。

大まかな順番は、このような流れです。

・2021年8月17日Microsoft 365でのIE11サポートが終了

・2022年6月15日にIE11そのものがサポート終了

以後、IE11向けのアップデートは基本的に行われません。

ユーザーの推奨環境から外される形で利用が減少していくことになります。

 

インターネットエクスプローラーサポート終了はいつから?

インターネットエクスプローラーサポート終了日は2022年6月15日です。

これ以降は基本的にはIEアプリは使えなくなります

WindowsのPCには標準ブラウザとして長い間搭載されていたIE。

現在の最新OSであるWindows11には既に搭載されていません。

 

インターネットエクスプローラーサポート終了でIEアプリは削除した方が良い?

今後数カ月のうちに、IEのアイコンが順次Internet Edgeブラウザにリダイレクトされるようになります。

もし標準ブラウザを利用するのであればMicrosoft Edgeを使用しましょう。

IEサポート終了に伴い、今まで利用していたサイトが利用できなくなる可能性があります。

どのように対処するかは次で紹介します!

 

インターネットエクスプローラーサポート終了でやるべき事はある?

現状は「IEでしか開けないWEBサイト・WEBサービス」も複数存在しています。

こうしたWEBサイトを利用する際にはMicrosoft Edgeに搭載された「IEモード」を活用しましょう。

インターネットエクスプローラーを利用時は別ブラウザに!

一部のWEBサイトは IEだけで動作するものがあります。

これらの WEBサイトは古いインターネットテクノロジーに基づいて構築。

そのため、使用すると正しく機能しない可能性が。

この問題を解決するために、Microsoft Edge 内にIE モードが搭載されました。

IEモードを使うのを助けるためにリダイレクトプロセスを紹介します。

Microsoft Edge のツールバーに “IE モードでリロード” ボタンが追加されました。

正しく動作しない可能性のあるWEBサイトに遭遇した場合、このIEモードで簡単にページを開くことができます。

 

インターネットエクスプローラーサポート終了についてまとめ!

さて、今回はインターネットエクスプローラーのサポート終了について紹介しました。

いつからサポート終了になるのか、対策なども調べてみました。

今回のIEのサポート終了は、より快適に安全にインターネットを使うために行われたものです。

新しいサービスを取り入れて、皆さんも快適にインターネットを活用しましょう。

 

 

 

関連記事

-生活

© 2022 「いろどり」 Powered by AFFINGER5