ボクシング

ディパエンの戦績は?出身国などのwikiプロフィールも!

来る12月に井上尚弥選手と戦うことになっているディパエン選手。

まだオッズは公開されていないものの、海外のメディアでは戦績から見て井上尚弥選手の勝利が濃厚だと報道されています。

ディパエン選手の出身国では、国を挙げて応援するという姿勢で盛り上がっています。

wiki公開情報も少ないのですが、今回はディパエン選手についてチェックしてみたいと思います。

今回の記事では、ディパエン選手の戦績、出身国、強さやwiki情報などを紹介していきたいと思いますので、試合前にぜひチェックしておいてください!

 

ディパエンのwikiプロフィールは?

https://twitter.com/Zoeminimum/status/1465225997087694848

ディパエン選手のwikiプロフィールを分かる限りでご紹介していきます。

まず名前はアランディパレンなのですが、リングネームがケンコーナン。

今までケンコーナンで戦っているので、ケンコーナンで検索したほうが情報は出てきますが、今回は旧名のアランディパレンで出場。

名前:アランディパレン

身長:162㎝

体重:非公開

年齢:30歳

階級:バンダム級

デビューが2019年ということで、まだプロになって3年くらいの遅咲きの選手なのです。

ディパエンの出身国は?

ディパエン選手の出身国は、タイです。

タイのメディアも今回の井上尚弥選手との闘いには不利と報道がされているようです。

しかし勝負は最後の最後までわかりません。

特にボクシングは一瞬の油断が命取りになってくるスポーツですので大番狂わせもあるかもしれませんよ!

 

ディパエンの戦績は?

ディパエン選手の戦績は、14戦12勝2敗。

何が驚きかというと、若干プロ3年目にしてこの試合数はかなりハード。

試合数をこなしている数で考えると、タフさはかなりある感じですよね。

ディパエンの強さは?

正直ディパエン選手は、強いとは言えないようです。

過去14戦の間に日本人の荒川亮平選手という方と戦っているのですが、その時は2R1分1秒でTKO勝利。

しかし、ネット上での評判は、

井上尚弥選手と比較して、スピード、技術も、パワーもかなり見劣りすると言われています。

他のネットの声でも

・井上尚弥選手に勝るスキルがひとつも見当たらない

・井上尚弥選手の調整試合になる

・井上尚弥選手の相手として役不足

こういう声がひろがっているので、あまり試合自体に期待していない人が多いようですね。

でも井上尚弥選手の試合としては二年近くぶりなので、見たい人は多いはず!

ディパエンの対戦動画は?

ディパエン選手の対戦動画をちょこっと見てみましょう。

素人の私には充分に強いように感じますが、ボクシングに詳しい方によると井上尚弥選手の相手にならない!注目はKOする時間だけとの声もあるようです。

 

ディパエンの戦績についてまとめ!

アランディパエン選手は、2016年プロデビューで、まだプロ3年目の30歳で遅咲きのボクサー。

戦績としては、14戦12勝2敗ですが、無名の選手との闘いが多くなんとも言えない感じです。

しかし、ネット上では、井上尚弥選手には役不足な対戦相手だという情報であふれていますし、海外メディアも、井上尚弥選手の勝利が有力だと報じています。

しかし、ボクシングの試合は一瞬の油断で変わってきます。

どんな前情報があったとしても、2年ぶりの井上尚弥選手の試合はとても楽しみですね!

関連記事

-ボクシング

© 2022 「いろどり」 Powered by AFFINGER5