蟹食べにくい部位は?綺麗に食べる方法も紹介!

が美味しい季節になりました!

家族や友達と集まって蟹を食べるという人も多いのではないでしょうか?

蟹鍋や焼き蟹、蟹しゃぶなど、美味しい料理がたくさんある蟹ですが、食べにくい部位もありますよね。

中々身を取り出すことができなくて、イライラしてしまうという人もいるのだとか。

そんな食べにくい部位まで、蟹を綺麗に食べる方法はあるのでしょうか?

そこで今回は、蟹の食べにくい部位はどこにあるのか、綺麗に食べる方法についても調べていきたいと思います。

 

蟹の食べにくい部位はどこ?

蟹には食べやすい部分と食べにくい部位がありますよね。

蟹の食べにくい部位はどこなのか調べてみると、肩肉胴体の二か所だということが分かりました。

蟹の食べにくい部位①肩肉

まず一か所目の食べにくい部位は肩肉です。

肩肉はダシが出るので、蟹鍋や蟹雑炊に使うととても美味しい部位とされています。

ただ、蟹の身が剥がれにくいため、食べにくい部位とも言われていますよ。

蟹の食べにくい部位②胴体

二か所目の食べにくい部位は胴体です。

足よりも身がたくさん付いていたり、蟹みそも付いているので、この部位が好きだと言う人もいるようですよ。

ただ、構造を知らないと身を取り出すのが難しい部位でもあります。

 

蟹を綺麗に食べる方法は?

肩肉や胴体など、蟹の食べにくい部位も綺麗に食べる方法はあるのでしょうか?

調べてみると、食べにくい部位も綺麗に食べるにはコツがあるようです!

詳しくは蟹通販サイトかに本舗さんの動画をご覧ください。

蟹を綺麗に食べる方法を紹介している動画を紹介!

蟹を綺麗に食べる方法は、動画の方が分かりやすいので、動画を紹介したいと思います。

この動画では、簡単に綺麗に食べれる方法が紹介されています。

どこをはさみで切れば良いのかが分かりやすいですよ。

蟹を綺麗に食べるためのグッズは?

蟹を綺麗に食べるためのグッズを調べてみると

・蟹専用ハサミ

・蟹専用ピーラー

・蟹割り

・蟹スプーン

などがありました。

蟹の硬い殻を切るには、普通のキッチンバサミではなく、蟹専用のハサミやピーラーを用意しておいた方が切りやすくて良さそうです。

それでも切れないような硬い殻の時には、蟹割りというグッズもあるようですよ。

便利な蟹専用グッズを利用するのも、綺麗に食べるために必要なことかもしれませんね。


 

蟹の食べにくい部位についてまとめ!

いかがでしたか?

今回は、蟹の食べにくい部位はどこにあるのか、綺麗に食べる方法についても調べてまとめてきました。

その結果

・蟹の食べにくい部位は、肩肉と胴体

・食べにくい部位でも、綺麗に食べる方法はある

・便利な蟹専用グッズもある

ということが分かりました。

これから蟹を食べるという方の参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連記事

-

© 2022 「いろどり」 Powered by AFFINGER5