サッカー

ブラインドサッカーボールの特徴は?名前や音についても!

2021年8月25日

2021年8月24日(火)、東京パラリンピックの開会式が行われましたね。

パラリンピックでは、オリンピックと同じような競技でも、ルールの違うものがあります。

そのうちの一つが、ブラインドサッカーです。

ブラインドサッカーでは、一般的なサッカーとはボールの大きさや特徴が違うようなのですが、一体どのようなところが違うのでしょうか?

そこで今回は、ブラインドサッカーのボールの大きさや特徴について調べていきたいと思います。

 

ブラインドサッカーボールの特徴や違いは?

ブラインドサッカーでは、参加選手は全員アイマスクを着用することがルールとなっています。

そのため、ブラインドサッカーで使用されるボールは、一般的なサッカーで使用されるボールと、いくつか違いがあるようですよ。

ブラインドサッカーのボールは音が出る?

ブラインドサッカーのボールは、転がる時に音が鳴ります。

アイマスクで視界が塞がっている選手たちは、その音を手掛かりに、ボールの位置や転がり方を把握しているのですね。

ブラインドサッカーのボールの中身は?

ブラインドサッカーのボールの音が鳴る仕組みは、どのようになっているのでしょうか?

ブラインドサッカーのボールは、中にボールの形に沿った金属のプレートが付いています。

そして、ボールの中に入っている金属の粒が、プレートと当たることによって「シャカシャカ」と音がするのだそうですよ。

 

ブラインドサッカーのボールの大きさは?

ブラインドサッカーのボールの大きさは、フットサルのボールと同じ大きさです。

フットサルのボールは、サッカーボールよりも直径が2㎝小さいので、ブラインドサッカーのボールは、サッカーのボールよりも小さいということになりますね。

 

ブラインドサッカーのボールの値段は?

ブラインドサッカーのボールの値段は、JBFA(日本ブラインドサッカーの協会)公認のものだと、5720円で販売されています。

しかし、公認されているものでなくてもいい場合は、もう少し安く手に入るようですよ!

ブラインドサッカーのボール購入場所は?

JBFAの公式オンラインストアで購入することもできますし、amazonやyahoo!ショッピングでも購入することができるようです。

 

ブラインドサッカーのボールはレンタル出来る?

調べてみたところ、ブラインドサッカーのボールは、レンタルもできることが分かりました。

JBFAの公式サイトによると、

ポイント

・1日の上限在庫数は10球。

・すでに10球のレンタルが入っている日は貸出しできない。

・料金は1個640円。

だそうですよ。

 

ブラインドサッカーのボールについてまとめ!

いかがでしたか?

今回は、ブラインドサッカーのボールの大きさや特徴について調べてまとめてきました。

その結果

・ボールの大きさは、フットサルのボールと同じ。

・中に金属のプレートと粒が入っており、転がると音が鳴る。

ということが分かりました。

パラリンピックのブラインドサッカーを観戦する時の参考になればと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連記事

-サッカー

© 2021 「いろどり」 Powered by AFFINGER5