カタールワールドカップ

浅野拓磨ジャガーポーズの由来や意味は?あだ名についても調査!

カタールワールドカップで日本の初戦が行われました。

優勝経験4回のドイツに勝利する大金星をあげ日本中が大いに湧いています。

2得点目をあげた浅野拓磨選手は怪我あけでメンバー選出に批判的な声もありましたがやってくれました!

そんな浅野選手ですが、得点時にするポーズ「ジャガーポーズ」が話題になっています。

ジャガーポーズの由来や意味は?ジャガーというあだ名の由来について気になり調べてみました。

今回は「浅野拓磨ジャガーポーズの由来や意味は?あだ名についても調査!」と題してお送りします。

 

浅野拓磨ジャガーポーズW杯でも披露!

浅野拓磨選手が得点時に披露するジャガーポーズですが、W杯でも披露してくれました。

ジャガーポーズと言えば、2016年のリオオリンピックの出場を決めるU-23アジアカップ決勝を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

宿敵韓国相手に2-0のビハインドから途中出場をし、1点目と逆転弾を決めジャガーポーズを披露し優勝に貢献しました。

この印象が強く浅野拓磨=大舞台に強いもっている選手というイメージを持つ方も多いと思います。

 

浅野拓磨ジャガーポーズの由来や意味は?

浅野拓磨選手のジャガーポーズの由来ですが、サンフレッチェ広島の番記者を務める中野和也さんのコラムが由来です。

当時サンフレッチェ広島に所属した石原直樹選手がピューマのように柔らかく俊敏な動きを見せるとすれば、浅野拓磨選手はジャガーのようにごつく獰猛であると記事にしました。

それが浅野選手にも伝わり気に入ったようです。

 

浅野拓磨ジャガーポーズの考案者は?

浅野選手のジャガーポーズですが、考えたのは浅野選手ではなくサンフレッチェ広島で当時チームメートだった水本裕貴選手が考案されたようです。

水本選手は浅野選手と同じ三重県出身で当時日本代表にも選ばれていました。

そんな先輩に考案して貰って浅野選手も気に入り得点時に披露するようになったという訳です!

 

浅野拓磨のあだ名は?

浅野選手ですが、愛称はジャガーなどと呼ばれていますが、あだ名はどのように呼ばれているのでしょうか?

サンフレッチェ時代ですが、偉大な先輩の佐藤寿人選手には「たくま」と呼ばれていました。

ジャガーは愛称で、チームメートからは下の名前のたくまで呼ばれていたと思います。

 

浅野拓磨ジャガーポーズの由来や意味は?あだ名についても調査!についてまとめ!

今回はドイツ戦で得点を決め今話題の浅野拓磨選手のジャガーポーズの由来や意味を中心に紹介しました。

前回のW杯では直前で代表から外れ、4年間ワールドカップのために準備してきました。

そんな浅野選手が苦しみながらもW杯で得点しジャガーポーズを披露したことにとても感動しました。

まだグループリーグでの戦いは続きますが浅野選手には引き続き活躍を期待します。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

関連記事

-カタールワールドカップ

© 2022 「いろどり」 Powered by AFFINGER5