人物

aimerは歌下手?人気の理由や音域についても調査!

みなさんは「aimer」という歌手を知っていますか?

アニソン好きの方なら知らない人はいない大人気歌手であり、紅白歌合戦にも出場が発表され、話題を呼びました。

また、「鬼滅の刃~遊郭編~」のオープニングとエンディングの両方を担当したことで、これまでより一層人気に火が付いたアーティストと言えるでしょう。

しかし、ネットを見ると「aimerさんは歌下手なのでは?」という意見も見受けられました。

この記事では、「aimerさんが歌下手だと言われる理由」と「人気の理由」について解説していきます。

 

aimerは歌下手?

圧倒的歌唱力を持っており、「aimerさん」ですが、人によってはあまり歌が上手ではないように見えているようです。

 

aimerが歌下手と言われる理由は?

では、なぜaimerさんは歌が下手だと言われているのでしょうか。

調査をしたところ、以下の2点がポイントだと言えるでしょう。

aimerさんの歌が下手だと感じる原因

  • 歌い方にクセがある
  • 残響散歌の歌い方のため

ここからは、「aimerさんの歌い方」を元にaimerさんが歌が下手だと言われる理由について解説していきます。

①歌い方にクセがある

まずは、歌い方にクセがあるという点について。

aimerさんは、持ち前のハスキーボイスを持ち味に曲を聞いている人を虜にしています。

しかし、aimerさんは昔発症した喉の病気をきっかけに「喉を守る歌い方」を心がけてるようで、人によっては声が聞こえにくかったり、物足りなく感じてしまうこともあるようです。

②残響散歌の歌い方のため

2つ目は「残響散歌の歌い方」について。

aimerさんは元々「Fate/stay night  [Heaven′s  Feel]などのFateシリーズやOVAの機動戦士ガンダムUCをはじめとしたアニメ主題歌を担当していました。

そんなaimerさんがより注目を集めるきっかけを作ったのは「鬼滅の刃~遊郭編~」の主題歌である「残響散歌」です。

残響散歌で初めてaimerさんを知った方はどうしても1つ前のシリーズである「鬼滅の刃~立志編~から鬼滅の刃~無限列車編~」までを担当していた「LISAさん」の歌声と比べてしまい、個人的な優劣がついてしまうと考えられます。

 

aimerは歌が上手い?

調査をしたところ、歌が下手だと言われる一方で、「歌が上手い」「聞いていると感動的な気持ちになる」などaimerさんの歌を愛している方も多く見受けられました。

また、aimerさんに楽曲を提供したことがある「ONE OK ROCKのTakaさん」や「RADWIMPSの野田洋次郎さん」は、aimerさんの歌声を聴いて「才能に驚かされた」「聴いていて幸せだった」と語っており、著名人の方々からもaimerさんの歌声は評価されていることが分かります。

これまでの実績を考えると、aimerさんにファンが多いのは当然とも言えますね!

aimerの音域はどれくらい?

ここでは、aimerさんの人気の要である歌唱力、その中でも「音域」に焦点を絞って解説していきたいと思います。

aimerさんの音域について

  • 地声の最低音:mid1A
  • 地声の最高音:hiE
  • 裏声の最高音:hiG#

aimerさんの音域は上記のようになっていて、なんと音域は「3オクターブ」となっており、女性シンガーにしてはかなり広い音域を持っています。

 

aimerの人気の理由は?

最後に、aimerさんの人気の理由について解説していきます。

aimerさんの歌声は「聴いていると幸せな気持ちになれる」「奇跡の歌声」と称されており、曲を聴いた多くの人々を虜にしていました。

aimerさんの人気の秘密は単に歌が上手いだけでなく、「聞き手に気持ちを届ける」ことができるという点にあると言えるでしょう。

 

aimerは歌下手?人気の理由や音域についても調査!についてまとめ!

この記事では「aimerさんは歌下手と言われる理由とaimerさんの人気の理由や音域」について解説してきました。

aimerさんは、ハスキーボイスの独特な歌い方のため、実際に曲を聴いた方の中には「声が聞こえづらい」「何を言っているのか分からない」と感じている方も多いようです。

また、過去にたくさんのアニメの主題歌を担当していたため、元々ファンも多いaimerさんですが、どうしてもLISAさんと比べてしまうという方も多い印象でした。

しかし、「感動的な歌声が聴けて幸せ」「奇跡の歌声」などaimerさんのファンの方は多く、肯定的な意見の方が多く見受けられました。

aimerさんに楽曲を提供した著名人たちをはじめ、多くの人々からaimerさんの歌声は愛されており、今後も多くのファンを獲得していくと言えるでしょう。

 

関連記事

-人物

© 2023 「いろどり」 Powered by AFFINGER5