イベント

13参り女の子の服装は?制服でも良い?注意点についても!

13参りとは、江戸時代からある伝統行事で虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)様に参拝を行うものです。

満13歳の子供たちが参拝を行うことで、「知恵」や「幸福」が貰えるという伝承がありました。

男の子が袴(はかま)を身に着けて、大人になるために13参りを行うこと「元服(げんぷく)」と呼びます。

現在の13参りは昔とは違いはありますが、参拝する形式は変わりません。

女の子の服装についての注意点など疑問に感じることはないでしょうか?

今回は「13参り女の子の服装は?制服でも良い?注意点についても!」と題してお送りさせて頂きます。

 

13参り女の子服装は?

はてな

13参りに参拝する時の、女の子の服装のこと晴れ着と呼びます。

晴れ着とは(七五三・13参り・成人式)なと正式なイベントごとに使われる言葉です。

13参りで使われる晴れ着というのは「大人の装い」と呼び、化粧や着物などの身を整えて大人の仲間入りすることの意味で使われていました。

特に昔の女の子は着物を着て支度するまでがとても大変です。

晴れ着姿で帰ってきて、着付けを解いて行う作法のことを「糸を解く」と言いました。

 

13参り女の子の正装は着物!

着物

13参りの女の子の正装は着物で参拝することが一般的です。

伝統的な行事なため、男の子は羽織袴(はおりはかま)を着て女の子は着物を身に着せます。

昔からの13参りは、大人の着物を身に着せることで「厄祓い」や「縁起」が良いとされていました。

13参りをする時は、着物を着せて行くことをおすすめします。

13参り女の子着物は本断ち?

女の子が13参りする際は、大人用の着物に仕立てるため本裁ち(ほんだち)をします。

京都が発祥の地であり、昔は本裁ちして着物を20歳まで着るのが一般的だとされていました。

現在の本裁ちは、「本裁ち四つ身」という方法で和裁師(わさいし)の方々が仕立てます。

ですので、着物のサイズが合わないようであれば和裁師に頼んで本裁ち四つ身をして貰うといいです。

 

13参り女の子着物は肩上げも?

女の子の肩幅や腕の長さに合わせて肩上げをしなくてはなりません。

子供の女の子なので成長するにつれて、着物のサイズが合わなくなります。

肩上げをして参拝しに行き、帰宅後に肩下げを行うことが13参りの伝統的な作法です。

大きめなサイズの着物を選んで、肩上げをしたほうがいいでしょう。

 

13参り女の子の服装は袴でも良い?

袴

13参りでの服装は袴でもまったく問題ありません。

昔は着物着せていくことが一般的でしたが、最近の女の子は袴で参拝することが多いです。

袴というと地味な服装だと思われますが、オシャレで可愛い袴がたくさんあります。

関西地方では着物と袴がとても人気がありますのでおすすめです。

13参り女の子の洋装はスーツ?

着物や袴のオシャレなものではなく、洋装でピシッとして落ち着いたスーツでも参拝することは可能です。

最近の13参りは服装が自由にはなってきてますが、なるべくスーツで行く場合は柄がないスーツで行く必要があります。

他にもシンプルなワンピースで参拝しに行くのも大丈夫です。

女の子でもスーツでも行くことができますので、もし着物などが嫌だなと感じた場合におすすめできます。

 

13参り女の子の服装は制服(中学校)でも良い?

中学生

中学校の制服でも基本的に参拝することが可能です。

13参りとは、満13歳の子供たちが参拝しに行きます。

ですので、中学の進学席が決まってる場合は中学校の制服でも構いません。

参拝しに行く時に、軽く13参りを終わらせたい場合は中学校の制服で良いと思います。

 

13参り女の子服装の注意点は?

注意点

13参りの注意点は、なるべく上品な格好で行ったほうがいいです。

虚空蔵菩薩様に「知恵」や「幸福」などを貰いに参拝しに行くわけですので、常識を持って行事に参加します。

普段着でも構いませんが「着物」や「袴」以外は柄が少ない服装で参拝するように気を付けましょう。

 

13参り女の子の服装についてまとめ!

13参りに参拝する際の女の子の服装について紹介させて頂きました。

関西中心に行われる行事のため、まだまだ13参りについて知れ渡ってない所が多いです。

伝統的な行事のため女の子の服装は男の子と比較して、色々細かくて大変だと思いまとめさせて頂きました。

子供たちの大事なイベントですので、楽しく参拝できたら良いですよね!

この記事を通じて、13参りで女の子に着させる服装について知って頂けたらと思います。

関連記事

-イベント

© 2022 「いろどり」 Powered by AFFINGER5